吸入鎮静剤の市場規模、2023年には14億8000万米ドルに到達予想 肺の炎症を抑え人工呼吸器の使用時間を短縮

吸入鎮静剤市場は、製造する企業による鎮静剤の売上で構成されています。吸入鎮静剤は、手術中や治療中に患者にストレスがかからないように中枢神経系を抑制する意識鎮静の一種である吸入鎮静を誘導・維持する薬剤で、患者は防御反射なく医師の処置を受けることができます。

吸入鎮静剤は、病院、外来外科センターなどで使用

吸入鎮静剤の市場規模は、2019年の12億7000万米ドルからCAGR1.2%で成長し、2020年には12億9000万米ドルに達すると予測されています。これはCOVID-19の発生からの需要によるものです。重症ARDSの感染者は鎮静を最も必要としており、吸入鎮静剤は迅速な発症と効果的な転帰につながることから採用が進んでいます。吸入鎮静剤は肺の炎症を抑え、人工呼吸器の使用時間を短縮し、生存率を向上させる可能性があります。同市場はパンデミック終息後には安定化し、2023年にはCAGR4.8%で14億8000万米ドルに達すると予想されています。

2019年の吸入鎮静剤の最大市場は北米地域でした。アジア太平洋地域が予測期間中最も急成長すると予想されています。

吸入鎮静剤の開始までの時間と作用時間の短さは、市場の成長を推進すると予想されます。 吸入鎮静剤の迅速な開始と回復率の高さから、小児の歯科手術や、痛みを軽減して迅速な回復処置を行う集中治療室に適用できます。たとえば、最も一般的に使用される吸入鎮静剤は亜酸化窒素であり、酸素の混合物として30%から70%の割合で投与され、作用するまでに約1、2分かかり、持続時間は5分間となります。作用までの時間と持続時間の短さから、亜酸化窒素は歯科治療に最も使用される吸入鎮静剤になります。吸入鎮静剤の作用までの時間と持続時間の短さは、吸入鎮静剤市場を推進すると予想されます。

吸入鎮静剤市場は、製品別(セボフルラン、デスフルラン、イソフルラン、亜酸化窒素)、アプリケーション別(誘導、維持)、エンドユーザー別(病院、外来外科センター、その他)に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]