インターロイキン阻害剤の市場規模、2023年に268億8000万米ドルに到達予想 安価な代替品となるバイオシミラー医薬品に期待

インターロイキン阻害剤市場は、インターロイキン-1、インターロイキン-5、インターロイキン-6、インターロイキン-17、インターロイキン-23などのインターロイキン阻害剤を製造する企業の売上で構成されています。これらのインターロイキン阻害剤は、乾癬、乾癬性関節炎、関節リウマチ、喘息、炎症性腸疾患などの自己免疫疾患や炎症性疾患の治療に使用されます。

インターロイキン阻害剤の市場規模は、2019年の182億2000万米ドルから2020年にはCAGRマイナス1.58%で179億3000万米ドルに縮小すると予想されました。これは、COVID-19の発生により、ソーシャルディスタンスの確保、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖など封じ込め措置が実施され、運営上の課題が生じたことに起因しています。その後、市場はCAGR14.44%で回復し、2023年には268億8000万米ドルに達すると予想されています。

2019年のインターロイキン市場の最大地域は北米でした。アジア太平洋地域が予測期間中に最も急速に成長すると予想されています。

乾癬、関節炎、炎症性腸疾患などの炎症性疾患に対する治験薬の増加がインターロイキン阻害剤市場を牽引しています。インターロイキン阻害剤は、炎症性サイトカインの作用を低下させ、宿主へのダメージを防ぐ自然免疫反応を刺激し、正常な組織の恒常性を維持します。現在、乾癬や乾癬性関節炎などの炎症性疾患の治療薬として48分子が研究されています。このうち、20分子が臨床第3相試験中です。これらのパイプライン医薬品の増加が、承認後のインターロイキン阻害剤市場を牽引することになるでしょう。

生物学的治療に伴う高コストがインターロイキン阻害剤市場を制限しています。乾癬患者の治療に革命を起こした生物学的治療は、他の治療法に比べて高額です。年間の総費用は、乾癬では2077米ドルから1万3132米ドル、関節症性乾癬では1万924米ドルから1万7050米ドルと、患者1人あたりの年間費用は幅がありました。2018年現在、生物学的製剤の治療費は年間1万米ドルから2万5千米ドル程です。そのため、生物学的製剤の価格が高く、発展途上国の医療費が低いことが、市場の成長を阻害する可能性が高いと考えられます。

生物学的製剤の特許切れは、安価な代替品であるバイオシミラー医薬品に市場機会を与えています。インターロイキン分野の大手企業は、インターロイキン阻害剤のバイオシミラーの開発に力を入れています。例えば、カナキヌマブ(イラリス)、ウステキヌマブ(ステララ)、トシリズマブ(アクテムラ)、セスキヌマブ(コセンティクス)などのインターロイキン阻害剤のバイオシミラーは、Mabpharm、NeuClone Pharmaceuticals、Gedeon Richter、Bio-Thera Solutionsがそれぞれ開発を進めています。乾癬やその他の自己免疫疾患における生物学的製剤の使用は臨床的に有益であるにもかかわらず、治療費の高騰などの理由で多くの患者が生物学的製剤による治療を受けておらず、治療へのアクセスが制限されています。これは、バイオテクノロジーと分析科学の急速な進歩と相まって、バイオシミラーのトレンドを後押ししています。

インターロイキン阻害剤市場は、種類別に、IL-17、IL-23、IL-1、IL-5、IL-6、その他に分類され、用途別に、乾癬、乾癬性関節炎、関節リウマチ、喘息、炎症性腸疾患、その他に分類され、販売経路別に、病院薬局、小売薬局、オンライン薬局に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]