G-CSFの市場規模、2023年には83億3000万米ドルに到達予想 がん化学療法後の好中球減少症からの回復を促進

G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)市場は、G-CSF医薬品の売上と関連サービスで構成されています。G-CSFは、ある種の化学療法によって白血球の数が平均よりも少なくなる好中球減少症の治療に用いられる薬剤である。

G-CSFの市場規模は、2019年の73億米ドルから2020年には69億1000万米ドルにCAGRマイナス5.27%で縮小すると予想されています。これはCOVID-19の発生により、ソーシャルディスタンスの確保、遠隔地での作業、産業やその他の商業活動の閉鎖などの封じ込め措置がとられ、運営上の課題が生じていることに起因しています。その後市場はCAGR6.44%で回復し、2023年には83億3000万米ドルに達すると予想されています。

2019年のG-CSF市場の最大地域は北米で、アジア太平洋地域が予測期間中に最も急速に成長すると考えられます。

がんの有病率の増加は、G-CSF市場の成長を牽引する重要な要因となっています。がんは死因の第2位とされ、世界では約6人に1人ががんにより死亡しています。世界保健機関(WHO)によると、2018年のがんによる死亡者は960万人と報告されています。さらに、その約7割が中低所得国で占められています。G-CSFは、がん患者の感染症や敗血症のリスクを最小限に抑えるために、骨髄で白血球を産生する成長因子の一種です。G-CSFは、がんに対する化学療法後の好中球減少症からの回復を促進し、死亡率を低下させます。また、がんに対する特定の治療後の感染症を減少させることもできます。がんの有病率の増加がG-CSF市場の成長を牽引すると予想されています。

予防顆粒球コロニー刺激因子の需要の増加は、G-CSF市場の成長を推進するもう1つの重要な要因です。G-CSFによる予防により、発熱性好中球減少症(FN)の発生を減少させ、患者の骨髄抑制化学療法の継続を可能にします。現在使用されているG-CSFによる予防薬は、今後10年間で、発熱性好中球減少症の発生を330万件減らし、化学療法の投与強度を85%以下に減少させるなど、大きな利点を提供します。このように、予防顆粒球コロニー刺激因子の需要の増加は、G-CSF市場の成長を促進すると考えられます。

G-CSFにおける高コストは、市場の成長を制限する主な要因です。改善された化学療法投与は、一次予防(PP)G-CSFを受けている乳がん患者の医療費の上昇に直接つながっています。American Journal of Managed Careが実施した研究によると、好中球減少症の医療費が減少したにもかかわらず、最初の化学療法クラスでのPPG-CSF投与後、研究期間中の総メディケア費用は57%増加する結果になりました。この増加の約42%は、化学療法のコストの上昇に起因する可能性があります。PPG-CSFを1回投与するのにかかる費用は250米ドルを超えます。そのため、高額なコストがG-CSF市場の成長を阻害すると予想されています。

G-CSF市場は、種類別に、レノグラスチム(グラノサイト)、フィルグラスチム(ノイポーゲン、ザージオ、ニベスチム、アコフィル)、長時間作用型(ペギル化)フィルグラスチム(ペグフィルグラスチム、ノイラスタ、ペルメグ、ジークステンコ)、リペグフィルグラスチム(ロンクス)に分類され、用途別に、がん疾患、血液疾患、成長ホルモン欠乏症、慢性・自己免疫疾患、その他、に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]