がん臨床意思決定支援ツールの市場規模、2023年には4億7000万米ドルに到達予想 患者情報のプライバシー問題が今後の課題に

がん臨床意思決定支援ツール市場は、支援ツールおよび関連サービスの売上で構成されています。がん臨床意思決定支援ツールは、がんの可能性のある症状を持つ患者に対する医師の評価を支援することを目的としています。このツールは臨床判断を変えるものではなく、患者の管理方法を決定する際に使用される情報を、より多く提供するための物です。その判断リスクは、人口統計学的データ、病歴、症状などの患者記録からコード化された情報に基づいて測定されます。

がん臨床意思決定支援ツールの市場規模は、2019年の3億8000万米ドルから2020年には3億5000万米ドルへCAGRマイナス7.41%で縮小すると予測されました。これはCOVID-19の発生により、重篤な状態でないがんの治療が延期されたことによるものです。その後、市場はCAGR10.23%で回復し、2023年には4億7000万米ドルに達すると予想されています。

世界的ながん患者数の増加が、がん臨床意思決定支援市場の成長を牽引していると考えられます。米国国立がん研究所によると、2013年から2017年までの症例数に基づく罹患率は、男女10万人あたり年間442.4人です。米国がん協会によると、2019年の米国での新規症例数は170万人、がん死亡者数は60万人となっています。世界で最も多いがんは肺がん、前立腺がん、大腸がん、乳がんの4つで、新規がん患者の43%を占めています。そのため、がんの罹患率が世界的に上昇していることから、治療の意思決定を迅速に行うためのがん臨床意思決定支援ツールの需要が増加し、市場の成長に寄与すると考えられます。

患者のデータとプライバシーの侵害は、がん臨床意思決定ツール市場の大きな課題となっています。ハッカーは医療従事者の電子メールを介してデータセンターにアクセスすることができ、患者情報のプライバシーの侵害につながります。例えば、2019年には、地域がんケア協会(RCCA)がフィッシングメールによるデータ侵害を報告しています。フィッシングメールは、メールセキュリティツールでは検出できないため、深刻な攻撃となります。同様に2018年には、1500万件の患者記録のうち、1140万件がフィッシングメールの被害に合いました。患者のデータやプライバシーが脅かされるリスクは、がん臨床意思決定支援ツールの市場成長を阻害する要因になります。

がん臨床意思決定支援ツール市場は、種類別(リスク評価ツール(RAT)、Qcancer.)、エンドユーザー別(病院、診療所)に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]