細胞・遺伝子治療の市場規模、2023年には132億3000万米ドルに到達予想 バイオ製薬大手20社のうち16社がCGT製品をポートフォリオに追加

細胞・遺伝子治療市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による細胞・遺伝子治療の売上で構成されています。細胞治療とは、自己由来または同種由来の生きた細胞を無傷で移植することをいい、遺伝子治療とは、疾患の治療のためにゲノムを導入・除去・変更することをいいます。市場は、細胞・遺伝子治療製品を開発している企業の製品の売上で構成されています。

細胞・遺伝子治療の市場規模は、2019年の66億8000万米ドルからCAGR3.61%で成長し、2020年には69億2000万米ドルに達すると予測されています。成長の鈍化は、主にCOVID-19の発生により、ソーシャルディスタンスの確保、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖など封じ込め措置が実施され、運営上の課題が生じていることに起因しています。その後、市場はCAGR24.10%で回復し、2023年には132億3000万米ドルに達すると予想されています。

細胞・遺伝子治療への着実な投資と統合が、細胞・遺伝子治療(CGT)市場の成長に貢献しています。細胞・遺伝子治療市場の可能性を認識したバイオ製薬大手20社のうち16社が、売上高ベースで細胞・遺伝子治療製品をポートフォリオに追加しました。例えば、Merckは2020年4月に1億900万米ドルをウイルスベクターと遺伝子治療の製造に投資しました。さらに、産業臨床パイプライン製品の12%、前臨床パイプライン製品の少なくとも16%が細胞・遺伝子治療で構成されています。細胞・遺伝子治療への投資と集約が生産能力の増加につながり、市場の成長にも貢献しています。

患者が治療を受ける際、その償還金が限られているため、細胞・遺伝子治療(CGT)市場の成長を制限する可能性があります。2019年、ライフサイエンスソリューションを提供するトリニティライフサイエンスは、米国全体および大規模な地域の商業健康保険プランを調査しました。それによると、治療費の上昇、患者数の増加、市場に出回っている細胞・遺伝子治療が増加することで、細胞・遺伝子治療に対する償還モデルが変化し、支払者に5%から10%の負担増になる可能性があることがわかりました。支払者は、付帯費用の償還をめぐり、コスト管理のために資金調達が必要になります。限られた診療報酬と不確実な保険制度が、患者が高度な細胞・遺伝子治療を受ける機会を妨げ、市場の成長を制限すると予想されます。

2019年の細胞・遺伝子治療市場では、北米が最大地域でした。同時に、最も急成長する地域と予想されています。

細胞・遺伝子治療市場は、製品別(細胞治療、遺伝子治療)、用途別(腫瘍、皮膚科、筋骨格系、その他)に、分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]