ビデオゲームソフトウェアの市場規模、2023年には2232億7710万米ドルに到達予想 クロスプラットフォームパブリッシングとプレイゲームが市場を牽引

ビデオゲームソフト市場の定義

ゲームソフト市場は、ゲームソフトの設計、ドキュメンテーション、インストール・サポートサービス、制作、配信などを行う事業者を含む、ゲームソフトを制作する事業者(組織、個人事業者、組合)によるゲームソフトの売上および関連サービスで構成されています。この業界の企業は、PC、ブラウザ、スマートフォン、タブレット、コンソールなど様々なプラットフォームでゲームソフトの設計、開発、出版、配信、収益化などの事業を行っています。

ビデオゲームとは、パソコン(PC)や携帯電話、ゲーム機などの機器で遊ぶことができるコンピュータゲームのことです。ビデオゲームは、一般的にコンピュータゲーム(PCゲーム)、ブラウザゲーム、モバイルゲーム、コンソールゲームに分類されます。

ビデオゲームソフトの市場規模

ビデオゲームソフトウェアの市場規模は、2015年からCAGR13.0%で増加し、2019年には1672億2020万米ドルに達しました。しかし、その後CAGRマイナス0.5%で推移し、2020年には1664億3970万米ドルに縮小すると予想されました。これは、各国が課したロックダウンやソーシャルディスタンスの確保、COVID-19の発生と封じ込め政策による国をまたいだ経済の減速に起因しています。2021年から市場はCAGR11.0%で回復し、2023年には2232億7710万米ドルに達し、2025年には2744億5830万米ドル、2030年には4526億2810万米ドルにまで成長すると予想されています。

過去の成長は、ゲーム内購入やフリーミアム、ライブストリーマーやゲームインフルエンサー、スマートフォンユーザーの増加、さらに、可処分所得の増加などが要因でした。一方で、マイナスの影響を与えた要因として、厳しい規制が挙げられます。今後は、インターネットの利用拡大、デジタルゲームへの嗜好の変化、クロスプラットフォームでのパブリッシングとプレイ、技術的に進んだプラットフォーム、ゲーマーの関与の増加が成長の原動力になると考えられます。また、今後のビデオゲームソフトウェア市場の成長を妨げる要因に、プライバシーへの懸念の高まり、PCゲーム中毒を抑制するための規制、世界的な景気後退、年齢ベースの規制、COVID-19パンデミックなどが挙げられます。

推進要因:クロスプラットフォームでのパブリッシングとプレイ

クロスプラットフォームパブリッシングとプレイゲームがビデオゲーム市場を牽引すると予想されています。PCゲーム業界の企業は、ユーザーがより柔軟にゲームを楽しめるように、クロスプラットフォームパブリッシングやプレイゲームに着手しています。クロスプラットフォームパブリッシングでは、プレイヤーはプログレス・リテンションにより、同じビデオゲームを異なるプラットフォームでプレイすることができます。同様に、クロスプラットフォームプレイとは、ゲーム機、モバイル、PCなどの異なるゲームプラットフォームを利用して、ゲーマー同士が同時にプレイできるようにすることを特徴としています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]