抗ウイルス薬療法の市場規模、2023年には743億8590万米ドル到達予測 ウイルス性疾患の発生率の上昇、高齢者の急激な増加などが市場成長を牽引

抗ウイルス薬療法市場の定義

抗ウイルス薬療法市場は、微生物感染症を治療するための抗ウイルス剤のブランド品やジェネリック品を製造する事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)による売上と関連サービスで構成されています。抗ウイルス薬療法産業には、ウイルス感染によって引き起こされる疾患や病気を治療するために使用される抗ウイルス剤を製造する事業所が含まれます。抗ウイルス剤の例としては、イドクスリジン、ファミクロビル、シドフォビル、アマンタジン、ザナミビル、テノフォビル、アデフォビル、リバビリンなどが挙げられます。

ウイルスは、RNAまたはDNAのいずれかの核酸のコアからなる感染剤であり、タンパク質の層に囲まれています。これらは生物ではなく、生きている細胞内でのみ繁殖することができます。抗ウイルス剤は、ウイルスの繁殖能力を低下させます。これらの薬剤はウイルスに感染した細胞に入り込み、ウイルスが細胞に結合する能力を阻害し、宿主の免疫系を刺激します。

抗ウイルス薬療法の市場規模

抗ウイルス薬療法市場は、2015年からCAGR5.0%で増加し、2019年には約464億5640万米ドルに達しました。その後、CAGR32.5%で成長し、2020年には615億7190万米ドルに達すると予想されています。これは、COVID-19の症例数の増加によるものです。さらに、市場は2021年からCAGR8.3%で成長し、2023年には743億8590万米ドル、2025年には872億3050万米ドル、2030年には1301億2530万米ドルに達すると予想されています。

この抗ウイルス薬療法の成長は、ウイルス性疾患の発生率の上昇、高齢者人口の急速な増加、力強い経済成長に起因しています。市場の成長にマイナスの影響を与えた要因には、特許有効期限と価格設定圧力の高まりが含まれます。今後は、COVID-19の症例数の増加と創薬プロセスの開発が市場にプラスの影響を与えると考えられます。一方で、今後の抗ウイルス薬療法市場の成長を妨げる要因としては、COVID-19の相反する影響や抗ウイルス剤の供給不足などが挙げられます。

制約要因:抗ウイルス薬の供給不足 

COVID-19のパンデミックにより、抗ウイルス薬の供給が不足しており、予測期間中の市場は抑制されると予想されます。COVID-19を治療するための特効薬がないため、医師や内科医がCOVID-19の治療に既存の抗ウイルス薬を処方しています。世界的にCOVID-19の症例数が激増しているため、抗ウイルス薬の供給不足が顕在化しています。例えば、2020年7月には、COVID-19の治療薬として需要の高いGilead Sciencesが開発した抗ウイルス薬レムデシビルの供給不足が発生しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]