好中球減少症の生物学的薬物治療、2023年には133億4000万米ドルに到達予想

好中球減少症の生物学的薬物治療市場は、製剤を製造する事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)による売上と関連サービスで構成されています。好中球減少症は、血液中の好中球数が減少し、重篤な感染症を発症するリスクが高まる事を特徴とする臨床状態です。好中球は白血球の一種であり、感染症との戦いに役立ちます。好中球減少症の主な原因としては、がん化学療法、感染症、骨髄疾患、自己免疫疾患、特定の薬剤の使用などが挙げられます。

好中球減少症の生物学的薬物治療の市場規模は、2019年の122億2000万米ドルからCAGRマイナス5.54%で、2020年には115億4000万米ドルに縮小すると予想されました。これは、COVID-19の発生により、ソーシャルディスタンスの確保、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖など封じ込め措置が実施され、運営上の課題が生じたことに起因しています。その後、市場はCAGR4.95%で回復し、2023年には133億4000万米ドルに達すると予想されています。

2019年の好中球減少症の生物学的薬物治療市場では、北米地域が最大市場でした。予測期間中、アジア太平洋地域が急成長すると予想されています。

世界的にがん患者数が増加していることが、市場の成長に寄与する可能性があります。がんの罹患率の増加と化学療法を選択する人の増加により、好中球減少症に苦しむ人の数が増加しています。Cancer.netの2019年の調査によると、化学療法を受けているがん患者の約50%が、いずれかのレベルの好中球減少症を患っていると報告されています。米国がん協会によると、2019年の米国での新規患者数は170万人、がん死亡者数は60万人となっています。そのため、世界的ながん罹患率の上昇は、好中球減少症の生物学的製剤治療市場の需要を押し上げると予想されています。

特許満了に伴うバイオシミラーの導入は、好中球減少症の生物学的薬物治療市場の成長を妨げると予想されます。バイオシミラーとは、先発の生物学的製剤と作用上の類似性が高く、先発品のコストよりも低コストで入手できる治療薬のことです。バイオシミラーは先発品の70%程度の価格で販売されていることがほとんどで、高価な先発品の代替薬となる可能性が高いとされています。この安価な代替品は、生物製剤市場での競争を激化させ、価格と市場価値の成長を押し下げています。

好中球減少症生物学的製剤治療市場は、薬剤の種類別(フィルグラスチム、ペグフィルグラスチム、レノグラスチム、リペグフィルグラスチム、サルグラモスチム)、治療タイプ別(抗生物質製剤、顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)製剤、抗真菌剤、その他)、流通経路別(小売薬局、病院薬局、オンライン薬局)に、分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]