TNFアルファ阻害薬の市場規模、2023年に428億6000万米ドルへ到達予想 関節リウマチ、炎症性腸疾患など、炎症性疾患の症状を緩和

TNFアルファ阻害薬市場は、事業体による腫瘍壊死因子α(TNF-a)阻害剤の売上で構成されています。TNFアルファ阻害薬は、初期の炎症性イベントに関与する白血球によって産生されるタンパク質であるTNFに対する体の自然な反応を制御する薬のグループです。これらは、脊椎関節炎、乾癬、関節リウマチ(RA)、炎症性腸疾患(IBD)など、多くの炎症性疾患における重要な治療法です。

TNFアルファ阻害薬市場は、2019年の406億6000万米ドルからCAGRマイナス4.06%で減少し、2020年には390億1000万米ドルに縮小すると予想されています。これは、COVID-19の発生により、ソーシャルディスタンスの確保、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖など封じ込め措置が実施され、運営上の課題が生じていることに起因しています。その後、市場はCAGR3.18%で回復し、2023年には428億6000万米ドルに達すると予想されています。

2019年のTNFアルファ阻害薬市場は、北米地域が最大でした。2030年までの予測期間中、アジア太平洋地域が急成長すると予想されています。

炎症性腸疾患や乾癬などの炎症性疾患の有病率の高まりが、TNFアルファ阻害薬市場の成長を牽引する主な要因となっています。腫瘍壊死因子α(TNFα)阻害剤は、消化器内科、皮膚科、リウマチ科で、様々な免疫介在性炎症性疾患の治療に一般的に使用されています。

TNFアルファ阻害薬の患者の副作用は、市場の成長を制限すると予想されています。臨床試験や市販後調査で確認されたTNFα阻害薬の複数の副作用には、注射部位反応、好中球減少症、輸液反応、感染症などがあります。米国食品医薬品局(FDA)によると、TNFα阻害薬は、免疫系が弱い人や抵抗力が低い人に重篤な感染症を引き起こす可能性があるといいます。感染症には細菌性、マイコバクテリア性、真菌性、ウイルス性のものがあり、結核、ヒストプラスマ症、カンジダ症、ブラストミセス症、B型肝炎などの疾患につながる可能性があります。

TNFアルファ阻害薬市場は、薬剤別に、(インフリキシマブ)、エンブレル(エタネルセプト)、ヒュミラ(アダリムマブ)、シンジア(セルトリズマブ・ペゴール)、シンポニ(ゴリムマブ)などに分類され、投与経路別に、経口、皮下、静脈内、その他に分類されます。疾患別には、炎症性腸疾患、乾癬性関節炎、潰瘍性大腸炎、関節リウマチ、強直性脊椎炎、その他に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]