デジタル糖尿病管理市場、糖尿病の有病率増加により拡大、2023年には121億3000万米ドルに達する見込み

デジタル糖尿病管理市場は、機器の売上と関連サービスで構成されています。デジタル糖尿病管理には、人体の血糖値を管理するデバイス、アプリ、ソフトウェアが含まれます。これらのデバイスは、患者の血糖値を管理し、体の状態をコントロールすることで、糖尿病患者のケアに重要な役割を果たしています。

デジタル糖尿病管理の市場規模は、予測期間中CAGRマイナス1.02%で推移し、2019年の60億9000万米ドルから2020年には60億3000万米ドルに縮小すると予想されました。これは、COVID-19の発生により、ソーシャルディスタンスの確保、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖など封じ込め措置が実施され、運用上の課題が生じていることにあります。その後、市場はCAGR26.27%で回復し、2023年には121億3000万米ドルに達すると予想されています。

2019年のデジタル糖尿病管理市場の最大地域は北米でした。アジア太平洋地域は急成長すると予想されています。

糖尿病の有病率の増加は、デジタル糖尿病管理機器や関連サービスの需要を推進し、市場の需要を拡大すると予測されています。糖尿病は死因第一位であり、平均寿命の30%が糖尿病により失われています。2019年4月に発表された欧州心臓病学会(ESC)の糖尿病に関する世界統計によると、60歳未満の人口に対して、約400万人が毎年糖尿病で死亡しています。20歳から79歳の糖尿病有病率は9.9%に増加し、2045年末までには48%増加して、6億2860万人に達すると予測されています。デジタル糖尿病管理デバイスは、糖尿病患者に継続的なケアを提供し、さらなる分析のための関連データを提供します。

データの安全性は、デジタル糖尿病管理市場の成長を制限する主要な課題となっています。データの安全性は、完全性と機密性を維持するために必要です。情報やコマンドの正確な流れの欠如は、デジタル糖尿病デバイスの機能を損なう可能性が高く、患者やユーザーの健康を合併症のリスクにさらす可能性があります。サイバーセキュリティ企業のRadwareの発表によると、データセキュリティとサービス・アプリケーションの可用性がヘルスケア業界の二大懸念事項となっています。さらに、2019年のHIPAAジャーナルによると、2019年11月の平均侵害規模は1万8208件で、データ侵害は1日に1回以上発生しています。データセキュリティは今後数年の間、デジタル糖尿病管理市場の成長にとって重要な課題となっています。

ユーザー体験を向上させるため、デザインに特化したAI搭載のコネクテッドアプリの開発をしている企業への注目が高まっており、デジタル糖尿病管理市場でも大きな人気を集めています。OneDrop、Ascencia、Darioなど、デジタル糖尿病管理市場で事業を展開している主要企業は、医療機器ではなくスタイリッシュなガジェットとしてアプリの開発に関心を高めています。2018年6月には、Medtronic plcとIBM Watson Healthが、日々の糖尿病管理を改善・簡素化するために設計されたAIを搭載したスマート糖尿病管理アプリSugar.IQの提供を開始しました。

デジタル糖尿病管理市場は、製品・サービス別(デバイス、アプリケーション、データ管理ソフトウェア&プラットフォーム、サービス)、デバイスタイプ別(ハンドヘルドデバイス、ウェアラブルデバイス)、エンドユーザー別(セルフ/ホームヘルスケア、病院・専門糖尿病クリニック、その他)に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]