バイオシミラーモノクローナル抗体市場、2023年には79億3000万米ドル規模に成長見込み 承認に課せられる厳しい規制が市場成長の妨げに

バイオシミラーモノクローナル抗体市場は、がん、関節リウマチ、自己免疫疾患などの慢性疾患の治療に使用されるバイオシミラーモノクローナル抗体を製造する事業者(団体、個人事業者、パートナーシップ)による売上および関連サービスで構成されています。バイオシミラー型モノクローナル抗体は、医薬品としての品質、安全性、有効性の点で実際のモノクローナル抗体との類似性が高く、異物を識別して中和することで免疫力を高めるために使用されています。

バイオシミラーモノクローナル抗体の市場規模は、2019年の34億8000万米ドルから2020年には36億2000万米ドルに、CAGR3.93%で成長すると予測されました。成長率の鈍化は、主にCOVID-19の発生により、ソーシャルディスタンスの確保、遠隔地での作業、産業やその他の商業活動の閉鎖など封じ込め措置が実施され、運営上の課題が生じていることが原因です。その後、市場はCAGR29.91%で回復し、2023年には79億3000万米ドルに達すると予想されています。

2019年のバイオシミラーモノクローナル抗体市場は、北米地域が最大でした。アジア太平洋地域は急速に成長すると予想されています。

慢性疾患の有病率がバイオシミラーモノクローナル抗体市場を牽引すると予想されています。バイオシミラーモノクローナル抗体は、がん、自己免疫疾患、関節リウマチなどの慢性疾患の治療に使用されています。がん治療では、トラスツズマブ、ベバシズマブ、リツキシマブなどのモノクローナル抗体のバイオシミラーが使用されています。さらに、がんの罹患率は年々増加しています。米国がん協会(ACS)によると、2020年には、米国で約180万人の新規がん患者と約60万人のがん死亡者が発生すると予測されました。そのため、がんを含む慢性疾患の有病率がバイオシミラーモノクローナル抗体市場を牽引すると予測されています。

バイオシミラーモノクローナル抗体市場は、バイオシミラーの承認に課せられる厳しい規制が成長の妨げとなることが予想されます。バイオシミラーの製造や使用に関しては、地域によって政府が異なるルールを課しています。さらに、特許侵害や契約の問題などにより、バイオシミラーメーカーは政府承認のバイオシミラーの商業化を制限されています。

バイオシミラーモノクローナル抗体市場は、種類別(合成化学品、バイオ医薬品、その他)、用途別(慢性・自己免疫疾患、がん、その他)に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]