ポリマー系バイオマテリアルの市場規模、2023年には744億1000万米ドルに到達見込み 再生医療や組織工学用途の増加が市場を牽引

ポリマー系バイオマテリアル市場は、各種疾患治療で損傷を受けた組織や臓器の機能を高める高分子バイオマテリアルを製造する事業者(組織、個人事業者、組合)による売上と関連サービスで構成されています。高分子バイオマテリアルは、天然由来・合成由来の不活性な薬理学的物質です。

ポリマー系バイオマテリアルの市場規模は、予測期間中CAGRマイナス4.58%で推移し、2019年の488億4000万米ドルから2020年には466億米ドルに縮小すると予想されています。これは、COVID-19の発生により、ソーシャルディスタンスの確保、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖など封じ込め措置が実施され、運営上の課題が発生したことによるものです。その後、市場はCAGR16.88%で回復し、2023年には744億1000万米ドルに達すると予想されています。

組織工学におけるポリマー系バイオマテリアルの用途の増加が、市場を牽引しています。ポリマーは、臓器の組織の再生能力に応じて合成時に官能基を修飾し、損傷を受けた組織の物理的、化学的、機械的特性を調整するなど、柔軟性と汎用性の高い特性を持つため、再生医療や組織工学で広く使用されています。生分解性であることに加えて、異なる形状と構造を提供し、特定の組織工学用途のニーズを満たしています。このように組織工学における高分子生体材料の応用が拡大していることから、市場を牽引することが期待されています。

ポリマー系バイオマテリアルの生体適合性に関する厳しい規制制度は、市場を制限すると予想されます。生体材料は市販前に厳格な評価を受けていますが、ポリマー系バイオマテリアルの生体適合性に関しては、かなりの有害事象や合併症が報告されています。生体材料の移植は、宿主の細胞および分子イベントの誘導により免疫学的および炎症反応を引き起こす可能性があり、過剰な炎症、治癒の障害、線維性カプセル化、組織破壊、あるいはインプラントの分離および拒絶に至る可能性があります。このような有害な免疫反応を克服するために、規制当局によって厳しい規制が課され、市場の成長が制限されています。

ポリマー生体材料市場は、種類別(ナイロン、シリコーンゴム、ポリエステル、ポリメチルメタクリレート(PMMA)、ポリエチレン(PE)、ポリ塩化ビニル、その他)、用途別(循環器、眼科、歯科、形成外科、創傷治癒、組織工学、整形外科、神経疾患・中枢神経系、その他)に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]