アンチセンスおよびRNAi治療薬の市場規模、2023年には14億4000万米ドル到達予想 変異遺伝子を修復することで様々な神経変性疾患の治療に利用

アンチセンスおよびRNAi治療薬市場は、事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)による薬の売上と関連サービスで構成されています。RNA干渉(RNAi)をベースとしたアンチセンスオリゴヌクレオチド療法は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や喘息を含む様々な呼吸器疾患の治療に用いられる先進的な方法です。また、これに加えて、がん、感染症、心血管疾患、遺伝性疾患の治療にも応用されています。

アンチセンスおよびRNAi治療薬市場は、2019年の11億4000万米ドルから2020年には11億1000万米ドルに減少し、CAGRマイナス2.89%に縮小すると予想されています。この減少は主に、COVID-19の発生により、ソーシャルディスタンスの保持、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖を含む封じ込め措置がとられ、運営上の課題が生じていることに起因しています。その後、市場はCAGR9.23%で回復し、2023年には14億4000万米ドル規模に達すると予想されています。

2019年のアンチセンスおよびRNAi治療薬市場では、北米が最大の地域となりました。アジア太平洋地域が最も急速に成長する地域になると予想されています。

冠動脈疾患、神経変性疾患、感染症の有病率の上昇が、アンチセンスおよびRNAi治療薬市場の需要に寄与すると予測されています。RNA干渉やアンチセンスオリゴヌクレオチドなどの遺伝子抑制アプローチは、変異遺伝子を修復することで様々な神経変性疾患の治療に利用されています。国立環境保健科学研究所によると、アルツハイマー病とパーキンソン病は、世界で数百万人が罹患している最も一般的な神経変性疾患です。米国では、2020年末までに推定93万人がパーキンソン病に罹患すると予測されています。さらに、世界保健機関(WHO)によると、様々な気候変動の問題から不十分な医療施設に至るまで、多くの懸念事項をかかえた感染症は、2019年のWHO健康脅威リストの上位を占めています。いくつかの神経変性疾患や感染症の有病率の増加は、アンチセンスおよびRNAi治療薬市場の成長を牽引すると予想されています。

RNA干渉ベースの薬剤の高コストは、今後のアンチセンスおよびRNAi治療薬市場の成長の抑制要因となる事が予測されます。厳しい規制、長い承認プロセス、高額な開発コスト、患者数の少なさなどが、RNA干渉薬の高コスト化の要因となっており、今後の市場の成長を阻害すると予想されています。

アンチセンスおよびRNAi治療薬市場で事業を展開している主要企業は、競争が激化するなか、製品革新のためのコラボレーションやパートナーシップなどの戦略的な取り組みを行っており、自社による製品を開発のみならず、他企業とスキルや専門知識を共有しています。同市場では、企業は長い間、学術機関や研究機関とも、提携やライセンス契約の締結など、相互に協力関係を築いてきました。この傾向はここ数年増加しています。

アンチセンスおよびRNAi治療薬市場は、技術別 (RNA干渉、アンチセンスRNA)、投与経路別(肺送達、静脈内注射、皮内注射、腹腔内注射、局所送達、その他の送達方法)、適応症別(がん、循環器疾患、呼吸器疾患、神経疾患、感染症、その他)に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]