診断用酵素:優れた生体触媒作用を有する反面、温度およびpHレベルに対する感度の高さが診断に悪影響も

診断用酵素市場は、事業体(団体、個人事業者、組合)による診断用酵素の売上及び関連サービスで構成されています。酵素は、優れた生体触媒作用を有することから、様々な疾患の診断に広く利用されています。

診断用酵素市場は、2019年の33億米ドルから2020年には31億4000万米ドルに減少し、CAGRマイナス4.87%に縮小すると予想されています。これは主にCOVID-19の発生により、ソーシャルディスタンスの確保、リモートでの作業、産業やその他の商業活動の閉鎖など封じ込め措置がとられ、運営上の課題が生じていることに起因しています。その後、市場はCAGR6.02%で回復し、2023年には37億5000万米ドルに達すると予想されています。

慢性疾患の診断を受ける老齢人口の増加は、診断用酵素市場の成長にプラスの影響を与えています。65歳以上の人の割合は世界的に増加し、加齢に伴う慢性疾患も増加しました。例えば、日本では高齢者の割合が2019年の28%から2050年には38%に増加すると予測されています。高齢者の増加により、関節リウマチ、高血圧、糖尿病、がんなど多くの慢性疾患の患者が増加しています。全米高齢化評議会の2018年の調査によると、高齢者の約80%が少なくとも1つの慢性疾患を抱えており、77%が2つ以上の慢性疾患を抱えています。このように、高齢者の増加は慢性疾患の診断を受ける患者を増加させ、診断用酵素市場を牽引することにつながります。

酵素の温度およびpHレベルに対する感度の高さが、診断用酵素市場を制限すると予想されます。酵素は最適な温度で保存する必要があり、一般的にマイナス20℃が適温とされます。反応温度が1℃から2℃変動すると、診断結果に10%から20%の変化をもたらす可能性があると報告されています。酵素反応では、酵素が高温になると悪影響を受け、また、適温の場合でも酵素が失活することがあるため、診断は単純ではありません。さらに、酵素の安定性にはpHが影響を与えるため、診断結果はpHの変化の影響を受けます。温度とpHの変化は診断用酵素の精度に悪影響を与え、市場の成長を阻害する可能性があります。

酵素診断市場では、機械学習と人工知能(AI)の利用が増加しています。AIは、人間の知能を機械にシミュレーションしたもので、自然知能を表示するようにプログラムされています。機械学習はAIの一部です。機械学習とAIは、酵素診断市場の企業に関連するデータの詳細な分析を行い、酵素機能についての洞察を提供し、酵素における触媒という観点から、医師が、タンパク質の構造、機能、進化に関連した決定要因を理解するために役立ちます。

診断酵素市場は、製品タイプ別に、糖質分解酵素、ポリメラーゼ・ヌクレアーゼ、プロテアーゼなどに分類され、ソース別に、動物、微生物、植物などに分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]