細胞培養の市場規模、2023年には235億5000万米ドルに成長予想 参入企業による3D細胞培養用の製品開発に注目

細胞培養市場は、装置及び消耗品の売上とそれに関連するサービスで構成されています。細胞培養とは、細胞を無菌環境の条件下で増殖させるプロセスです。細胞培養は、分子・細胞生物学、医薬品の製造、生物学的化合物の大規模製造などで使用される主要なツールです。

細胞培養の市場規模は、2019年の157億8000万米ドルから2020年には156億1000万米ドルに減少し、CAGRマイナス1.04%に縮小すると予想されています。これは主に、COVID-19の発生により、ソーシャルディスタンスの確保、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖などの封じ込め措置が実施され、運営上の課題が生じたことによるものです。その後、市場はCAGR14.69%で回復し、2023年には235億5000万米ドルに達すると予想されています。

細胞療法の需要の増加が細胞培養市場を牽引すると予想されています。細胞療法では、内科的疾患を治療するために、患者の体内に生細胞を注入または移植します。細胞培養は、細胞をベースとした治療において重要なステップです。癌研究所(CRI)によると、2019年の1011件に対し、2020年には約1483件の有効な細胞療法が開発されています。細胞培養は、細胞療法の開発、製造、商業化に使用されており、様々な疾患の治療のために医療業界に革命を起こす可能性を秘めています。したがって、細胞療法の需要の急増は、細胞培養市場の成長を後押しします。

熟練した専門家の不足は、細胞培養市場の成長を妨げると予想されます。未熟な人材によるバッチエラーは、エラーの大小に関わらず組織に数百万米ドルのリスクを負わせる可能性があるため、企業の収益に悪影響を及ぼしかねません。施設のライセンスを発行する規制機関は、失敗したすべてのバッチが記載された年次報告書の作成を義務化しており、失敗率が5%以上であれば、その工場は医薬品を販売する権利を失う危険性があります。人材不足は細胞・遺伝子治療業界の成長に悪影響を及ぼし、細胞培養市場の成長を抑制すると予想されます。

細胞培養市場に参入している企業による3D細胞培養用の製品開発が大きな注目を集めています。3D細胞培養とは、生物細胞が生体内と同様に三次元的に成長し、周囲との相互作用を可能にする人工的に作られた環境を意味します。

細胞培養市場は、タイプ別(一次細胞培養、二次細胞培養、細胞株)、メディア別(天然、人工)、用途別(幹細胞技術、がん研究、バイオ医薬品、組織工学・再生医療、その他)に分類されています。

2019年の細胞培養市場の最大地域は北米で、欧州がそれに続きます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]