バイオシミラー成長ホルモン市場、2023年に6億9000万米ドル到達予想 組換えDNA技術を用いた開発は、新たなトレンドに

バイオシミラー成長ホルモン市場は、事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)による遺伝子組換え、またはヒト成長ホルモン(HGH)の売上と関連サービスで構成されています。バイオシミラー成長ホルモンは、ヒトや他の動物の成長、細胞再生や細胞再生の刺激に使用されています。

バイオシミラー成長ホルモンの市場規模は、2019年の5億5000万米ドルからCAGRマイナス2.92%で縮小し、2020年には5億3000万米ドルになると予想されています。これは主に、COVID-19の発生により、ソーシャルディスタンスの確保、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖など封じ込め措置が実施され、運営上の課題が生じたことに起因しています。その後、市場はCAGR9.07%で回復し、2023年には6億9000万米ドルに達すると予想されています。

成長ホルモン欠乏症を患う子どもの増加が、バイオシミラー成長ホルモン市場の成長を牽引しています。成長ホルモン欠乏症は、脳下垂体や視床下部の障害によって引き起こされますが、その原因は、出生前に起こった先天性の異常形成と、出生時あるいは出生後に発症した後天性のものがあります。成長ホルモンの欠乏は、3800人に1人の割合で確認されています。また、脳腫瘍、脳手術、放射線治療、ケガ、感染症などの結果、後天的に発症する場合もあります。このように、成長不全を患う子供の増加が市場の成長を後押ししています。

バイオシミラー成長ホルモンの継続的な使用に起因する副作用への意識の高まりは、市場の成長を制限することが予測されます。ヒト成長ホルモンの使用で考えられる副作用には、神経、筋肉、関節の痛み、浮腫、手根管症候群、皮膚のしびれやヒリヒリ感、高コレステロールなどがあります。ヒト成長ホルモンの継続的な投与は糖尿病のリスクを高め、癌性腫瘍の成長の原因になる可能性があり、市場の成長を抑制する要因となっています。

バイオシミラー成長ホルモン業界では、組換えDNA技術(rDNA技術)の導入が進んでいます。組換えDNA技術を用いたバイオシミラー成長ホルモンの開発は、新たなトレンドとなっています。例えば、2018年に製造された、組換えDNA分泌技術を活用したジェネバトロピンは、ヒト成長ホルモンが不足している人のために、天然のヒト成長ホルモンを補う医薬品です。

2019年は、北米地域が最大市場となりました。アジア太平洋地域がそれに続き2番目の市場となりました。

バイオシミラー成長ホルモン市場は、投与経路別(静脈内、皮下、筋肉内、経口)、用途別(成長ホルモン欠乏症、ターナー症候群、特発性低身長、プラダーウィリー症候群、その他)、流通経路別(病院・小売薬局、オンライン薬局・eファーマシー、専門医院)に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]