トラスツズマブバイオシミラーの市場規模、2023年には31億2000万米ドルに到達予測 HER2過剰発現乳がんや転移性胃がんの治療に有効

トラスツズマブバイオシミラー市場は、事業体(団体、個人事業者、パートナーシップ)による売上と関連サービスで構成されています。トラスツズマブは、ヒト上皮成長因子受容体(HER2)を阻害するモノクローナル抗体です。トラスツズマブバイオシミラーは、主に乳がんや胃食道接合部腺がん、および転移性胃がんの治療に使用されています。

トラスツズマブバイオシミラーの市場規模は、2019年の12億7000万米ドルから2020年には12億5000万米ドルに減少し、CAGRマイナス1.50%に縮小すると予想されています。これは、COVID-19の発生により、ソーシャルディスタンスの確保、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖などの封じ込め措置が実施され、運営上の課題が生じていることに起因しています。その後、市場はCAGR35.50%で回復し、2023年には31億2000万米ドルに達すると予想されています。

乳がんと胃がんの有病率の上昇がトラスツズマブバイオシミラー市場の成長を後押ししています。トラスツズマブバイオシミラーは、ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)過剰発現乳がんや転移性胃がんの治療に使用されます。世界保健機関(WHO)によると、2018年の新規乳がん患者は約209万人、胃がん患者は約103万人となっています。Cancer Indiaによると、乳がんはインドの女性に最も多いがんで、女性のがんの14%を占めています。そのため、乳がんや胃がんの有病率が上昇していることから、比較的コストが抑えられるトラスツズマブバイオシミラーの需要が高まり、市場を牽引しています。

トラスツズマブバイオシミラーの副作用は、市場の成長を制限すると予想されています。ハーセプチン(化学名:トラスツズマブ)の副作用には、下痢、吐き気、発熱、心臓障害、感染症、咳、発疹などがあります。さらに、乳がん研究で判明したこととして、2年間のトラスツズマブ治療における無症候性心機能障害の発生率が4.6%から8.1%に上昇したことが、治療の曝露として報告されています。トラスツズマブの副作用は、市場にマイナスの影響を与えています。

主要プレイヤーは未開拓地域での新製品の発売に継続的に注力しており、トラスツズマブバイオシミラー市場を形成しています。トラスツズマブバイオシミラー市場で事業を展開している企業は、市場での競争力を維持し、顧客のニーズに対しより良いサービスを提供するために、新製品開発、他社とのパートナーシップ、製品ポートフォリオの地理的拡大など、様々な戦略的取り組みを行っています。

トラスツズマブバイオシミラー市場は、製品別(オギブリ、ヘルツマ、オントルザント、トラジメラ、その他)、適応症別(アジュバント乳がん、転移性乳がん、転移性胃がん、その他)、流通経路別(病院薬局、オンライン薬局。)に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]