ウェアラブル血圧計市場、2023年には約13億5640万米ドルに成長予測 ワイヤレス・ウェアラブル技術の採用が市場を牽引

ウェアラブル血圧計の市場定義

ウェアラブル血圧モニター市場は、機器の販売と関連サービスで構成されています。ウェアラブル血圧計は、装着者の身体に接続された技術を用いて、運動や睡眠などの際に血圧を継続的に監視する装置です。データはアプリを介して保存され、分析されます。

ウェアラブル血圧計は、小型のリアルタイムグラフィカルディスプレイを備え、レポートを提供したり、スマートフォンやPCとデータを同期させたりする、ポケットサイズのウェアラブル機器です。通常、電池で動作しデータを保存します。

ウェアラブル血圧計の市場規模

ウェアラブル血圧計の市場規模は、2015年以降、CAGR21.1%で成長し、2019年には約8億7410万米ドルに達しました。その後、CAGR 11.6%で成長し、2023年には約13億5640万米ドルに成長し、2025年には約18億370万米ドルに、2030年には約36億8660万米ドルに達すると期待されています。

この成長は、健康意識の高まり、技術の進歩、高血圧の有病率の増加、医療費の増加、技術の急速な進歩、新興国市場の力強い経済成長などによりもたらされました。市場成長のマイナス要因としては、政府の規制、健康意識の欠如、ウェアラブル血圧計の普及率の低さが挙げられます。

今後は、遠隔患者モニタリング機器の需要の加速、ワイヤレスおよびウェアラブル技術の採用の増加、高齢者人口の増加、技術の進歩が市場を牽引すると予想されています。精度と正確さの欠如、コロナウイルスの大流行、高コストは、今後の市場の成長を妨げる主な要因です。

推進要因:高血圧の有病率の増加 

高齢者を中心とした高血圧の有病率の増加は、ウェアラブル血圧モニター市場の記録的成長に大きく貢献しました。国連が2019年に発表した世界人口高齢化報告書によると、2019年の65歳以上の高齢者人口は7億300万人となっています。高齢者は高血圧のリスクが高いため、血圧の定期的なモニタリングの必要性が高まっています。クリニックなどの医療機関に毎日通院することは、高齢者にとっては不可能かもしれません。そのため、医師は、高齢者に携帯・装着可能な血圧モニタリング装置を持つことを推奨しています。世界保健機関(WHO)によると、2019年には世界で約11億3000万人が高血圧症を患っていたと報告されています。したがって、高血圧のリスクが高い患者や高齢者人口の増加に伴い、定期的かつ継続的なモニタリングが必要となり、ウェアラブル血圧モニターの需要が増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]