パルスオキシメータ・スピロメータの市場規模、2023年には39億3900万米ドルに成長予測 規制当局による医療機器承認の厳しさが市場の抑制要因

パルスオキシメータとスピロメータの市場定義

パルスオキシメータ・スピロメータ市場は、医療業界における機器の売上で構成されています。パルスオキシメータは、血液中の酸素飽和度や脈拍数を測定するために使用され、スピロメータは、肺の空気量を測定するために使用されます。 

パルスオキシメータとスピロメータの企業は、主に呼吸障害の検出に役立つ、呼吸関連パラメータの監視用デバイスの製造と開発に従事しています。

パルスオキシメータとスピロメータの市場規模

パルスオキシメータ・スピロメータの市場規模は、2015年からCAGR7.5%で成長し、2019年には26億380万米ドルに達しました。その後、CAGR10.9%で成長し、2023年には39億3900万米ドルに到達すると予測されています。さらに、2025年には45億6,300万米ドル、2030年には66億740万米ドルに拡大すると予測されています。

この成長は、高齢者人口の急速な増加、呼吸器疾患の有病率の増加、手術件数の増加、新興国市場の力強い経済成長、医療費の増加に起因しています。市場の抑制要因としては、認知度の低さ、医療アクセスの悪さ、パルスオキシメータやスピロメータの普及率の低さ、医療機器に対する規制当局の厳しい承認プロセス、不利な償還シナリオ、認知度やトレーニングの不足などが挙げられます。

今後は、コロナウイルスの流行による医療費の増加、高齢者人口の増加、技術の進歩、一貫したバイタルデータのモニタリングの需要、クリティカルケアや育児におけるパルスオキシメータの普及率の上昇、使いやすいパルスオキシメータの普及などが市場を牽引すると予想されます。一人当たりの医療費の低さ、意識の低さとトレーニングの不足、測定値の正確さに関する課題、血液検査に関する情報の不足などが、今後の市場の成長を妨げる要因となります。

促進要因:呼吸器疾患の有病率の増加 

呼吸器疾患の増加により、パルスオキシメータとスピロメータ市場の需要が記録的に拡大しています。肺活量測定は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)を確定的に診断する方法として認知されています。喘息とCOPDは、世界的に最も一般的な慢性呼吸器疾患です。2019年には、65歳以上の高齢者は7億300万人に上り、さらに、成人の約19%が喫煙者で、総人口の91%が大気の質がWHOの基準値を超えた地域に住んでいます。また、毎年3億8400万人がCOPDに苦しんでおり、死因の第3位となっています。肺がんでは年間176万人が死亡しており、最も死亡率の高いがんです。さらに、毎年1000万人が結核を発症し、3億3400万人が喘息に苦しんでいます。呼吸器疾患の増加は、パルスオキシメータとスピロメータの需要を増加させ、市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]