CRISPR技術の市場規模、2023年には25億6980万米ドルに拡大予測 血友病やタラセミアなどの遺伝性疾患の有病率の増加から遺伝子治療への注目が高まる

CRISPR技術市場は、事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)による製品や関連サービスの売上で構成されています。

CRISPRはゲノム編集ツールです。研究者や医療従事者がDNA配列を変え、遺伝子の機能を改変するために使用されています。また、CRISPRは、遺伝子の欠陥を修正したり、ヒトの病気を治療したり、より良い作物の品種を生産するためにも使用されています。CRISPRとは、Clusters Of Regularly Interspaced Short Palindromic Repeatsの略です。CRISPR-Cas9システムは、Cas9とガイドRNAという2つの鍵となる分子で構成されており、目的の位置でDNAに変化や変異を導入します。高い直交性、汎用性、効率性により、CRISPR技術は人気のあるゲノム編集技術となっています。

CRISPR技術の市場規模

CRISPR技術の市場規模は、2015年からCAGR35.0%で増加し、2019年には6億8550万米ドルに達しました。さらに、2019年の6億8550万米ドルからCAGR24.6%で成長し2020年には16億5420万米ドルに達すると予想されています。その後、2023年の25億6980万米ドルから2030年には67億370万米ドルに拡大すると予測されています。

この歴史的成長は、資金調達の増加、医薬品研究開発費の増加に起因しています。また、抑制要因としては、規制上の課題や、多くの国に標準化された規制がないことが挙げられます。

促進要因:遺伝子治療薬の需要の増加 

遺伝子治療への需要の高まりは、CRISPR技術の市場成長に貢献すると予測されます。血友病やタラセミアなどの遺伝性疾患の有病率の増加により、遺伝子治療への注目が高まっています。

遺伝子治療は、機能する遺伝子を含むDNAを患者に導入して、病気の原因となる遺伝子の影響を修正します。癌、嚢胞性線維症、エイズなどの疾患の治療に遺伝子治療の需要が高まり、今後CRISPR技術の市場を牽引することが予測されます。

抑制要因:遺伝子研究に関連する倫理的な懸念 

遺伝子研究に関連する倫理的な懸念は、CRISPR技術市場の成長を後退させると予想されます。CRISPR技術の使用に関連する倫理的な懸念は、ターゲットとする遺伝子以外への影響、生殖細胞治療のためのインフォームドコンセントの欠如など、いくつかの要因に起因する問題があります。これらの倫理的な懸念は、市場の成長にマイナスの影響を与える可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]