業務用送風機および空気清浄機市場、2023年には約854億9330万ドル到達予測 高額な導入コストとメンテナンスコストが市場の成長を抑制

業務用送風機および空気清浄機市場の定義

業務用送風機・空気清浄機市場は、機器を生産する事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)による売上と関連サービスで構成されています。

業務用送風機および空気清浄機の市場規模

業務用送風機および空気清浄機市場は、2015年からCAGR8.8%で成長し2019年には約715億2030万米ドルに達しました。同市場は、今後CAGR4.6%で成長を続け、2023年には約854億9330万米ドルに達し、2025年には1010億1620万米ドル、2030年には1506億1240万米ドルに達すると予想されています。この成長は、技術の進歩と空気の質に対する労働者の問題意識の高まりに起因しています。

今後は、気候条件の変化、コロナウイルスの影響、産業・商業部門の大気汚染に対する厳しい規制などが市場を牽引すると予想されています。一方で、高額な機器とメンテナンスコスト、空気浄化装置に使用されているUV技術、サプライチェーンの混乱、オゾンの排出、機器の性能不足は、今後の市場の成長を阻害する要因となります。

牽引要因:気候条件の変化

気候条件の変化は、大気と水質に地球規模な影響を与えています。大気中の浮遊物質は、2.5μm以下の粒子状物質に変化します。粒子状物質の吸入は、喘息、COPD、その他の呼吸器疾患など、慢性疾患の増加につながります。空気の質の低下は、世界中の何百万人もの人々の健康に影響を与えています。気候の変動により、慢性的な呼吸器疾患に苦しんでいる人の割合が増加し、空気清浄機の需要の拡大にもつながります。

抑制要因:高い導入コストとメンテナンスコスト

高額な導入コストとメンテナンスコストが業務用送風機および空気清浄機市場の成長を制限しています。空気清浄機は、先進国と発展途上国の両方で採用コストが高いことから、プレミアム製品とされています。

市場動向:エネルギー効率の高い家電製品

空気清浄機メーカーは、環境負荷を低減し、消費者の省エネを可能にするために、エネルギー効率の高い製品を生産する傾向が強まっています。エネルギー効率の高い製品の台頭は、家電製品に対する政府の厳しい規制と技術の進歩に起因しています。これらの製品は、必要な作業に最小限のエネルギー利用で済むように設計されおり、消費者のための大幅なコスト削減につながります。エネルギー効率の高い家電製品には、その他の同等品と比較して年間のエネルギー消費量が10%から50%も削減されるものがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]