空気清浄機市場、2023年には23億5080万米ドルまで成長予測 大気汚染の増加と健康意識の高まりが、市場の需要を牽引

空気清浄機市場の定義

空気清浄機市場は、空気中の有害物質や粒子状物質を浄化するための空気清浄機を製造する事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)による売上と関連サービスで構成されています。空気清浄機の用途は、花粉の粒、有害ガス、排出物質などを含む空気に関連する健康リスクを最小限に抑えることです。

空気清浄機は、粉塵、ダニ、細菌、煙の粒子、ペットのふけ、調理の煙、車の排気ガス、および他のガス状の汚染物質の除去に役立ちます。

空気清浄機の市場規模

空気清浄機の市場規模は、2015年からCAGR9.0%で成長し、2019年には15億5980万米ドルに達しました。同市場は、CAGR10.8%で成長を続け、2023年には23億5080万米ドルに達すると予測されています。2025年には28億8600万米ドル、2030年には48億1940万米ドルまで成長することが予想されています。 

歴史的な成長の背景には、健康意識の高まり、技術の進歩、呼吸器疾患の有病率の増加、高齢者の増加、大気汚染レベルの上昇、新興国市場の経済成長などが要因となっていると考えられます。成長のマイナス要因としては、環境問題への懸念の高まり、模造品の存在、初期費用やメンテナンスコストの高さなどが挙げられます。

今後は、アレルギーの発症率の増加、健康意識の高まり、気候条件の変化、閉塞性睡眠時無呼吸症候群の有病率の増加、都市化の進展、コロナウイルスの影響などが、市場を牽引すると予想されています。高額な導入費用とメンテナンスコスト、空気清浄機に使用されているUV技術の利用の真偽、オゾンの排出、性能不足は、市場の成長を妨げる可能性があります。

推進要因 : 大気汚染レベルの上昇

多くの地域で空気の質が悪化していることから、喘息、呼吸器アレルギー、心臓・気道疾患などの慢性疾患が増加しています。中国やインドなどでは、大気汚染指数が推奨上限値を超えています。世界で最も汚染が深刻な100都市のうち、99都市がアジア太平洋地域にあります。そのうち、約50都市がインド、22都市が中国、残りがパキスタンとバングラデシュで、これらの地域の空気清浄機の需要が高くなっています。 2019年の時点で、ヨーロッパでの総死亡者数の80万人近くが大気汚染によるものでした。大気汚染の増加と大気汚染の悪影響に対する意識の高まりが、空気清浄機の需要を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]