コミュニティがんサービスの市場規模、2023年には703億8000万米ドルに縮小予測 他の医療機関の保険金請求手続きの容易さが、市場の抑制要因に

コミュニティがんサービス市場は、病院や学術・医学教育機関の一部ではなく、医師が所有する個人事業として地域がん診療を行う開業医の事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)によるサービスの売上で構成されています。がん専門医一人が、1つのオフィスに準医師、看護師、薬剤師、または薬局の技術者やその他のスタッフからなるサポートスタッフを持つ場合も含まれます。

コミュニティがんサービスの市場規模は、2019年の774億米ドルからCAGRマイナス8.29%で減少し、2020年には709億8000万米ドルに縮小すると予想されています。これは、主に民間の医療機関の買収や、保険金請求手続きの容易さから他の医療機関を選択する患者が増加したことによるものです。市場はCAGRマイナス0.29%でさらに減少し、2023年には703億8000万米ドルになると予想されています。

コミュニティがんサービスの低コストケアが、市場の需要を押し上げると予想されています。コミュニティがんサービスセンターのケアサービスは、病院と比較して費用対効果が高いと考えられています。2018年10月に発表されたCommunity Oncology Allianceの報告書によると、地域密着型診療所(CC)におけるがん腫瘍の患者、1人当たりの1カ月のがんケア費用は約1万2000米ドルであったのに対し、病院を拠点とするがん診療所(HC)のがんケア費用は約2万米ドルでした。さらに、患者1人あたりの1ヵ月の化学療法の治療費は、地域型の約5000米ドルに対し、病院ベースの診療所では約8500米ドルでした。コミュニティがんセッティングやコミュニティがんセンターの低コスト化が、市場の需要を牽引すると予想されます。

COVID-19の発生は、コミュニティがんサービス市場の成長を大きく抑制する可能性があります。COVID-19は、世界中のがん患者に大きな死亡リスクをもたらし、腫瘍内科の診療に長期的な影響を与えると予測されています。2020年4月に医療グループ経営協会が実施した調査によると、COVID-19パンデミックが始まって以来、診療所の収益は55%減り、患者数は60%減を記録しています。さらに、MJHライフサイエンスが2020年5月に実施した米国の腫瘍医51人を対象とした調査によると、73%の医師が手術の実施を緊急症例に限定し、53%の医師が入院患者数を減らすために投薬計画を変更し、71%の医師が患者の定期的な診察を中止しています。このため、COVID-19の発生により、腫瘍内科の外来サービス全体が急速に縮小し、コミュニティがんサービス市場に影響を与えています。

コミュニティがんサービスの主要なプレイヤーは、Community Care Physicians P.C.、Nebraska Cancer Specialists、US Oncology(McKesson Corporation)、Tufts Medical Center. (McKesson Corporation)、Doctors Medical Center、Oncology Specialists, S.C.、Baptist Cancer Center、などがあります。

同市場は、地域別に、アジア太平洋、西欧、東欧、北米、南米、中東、アフリカに分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]