価値に基づく医療支払の市場規模、2023年には30億3000万米ドルに到達予測 サービスの利用により、医療のコスト曲線と不必要な健康支出は5.6%の削減も

価値に基づく医療支払市場は、事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)によるサービスの売上で構成されています。価値に基づく医療支払とは、患者の健康状態、質、効率性、コスト、患者体験に基づいて、病院などの医療提供者に対し支払いが行われることです。

価値に基づく医療支払の市場規模は、2019年の16億6000万米ドルからCAGRマイナス8.39%で縮小し、2020年には15億2000万米ドルになると予想されています。その後、市場はCAGR25.81%で回復し、2023年には30億3000万米ドルに達すると予想されています。

価値に基づく医療サービスの急速な発展は、価値に基づく医療支払市場の驚異的な成長に貢献すると予想されています。価値に基づく医療サービスにより、医療のコスト曲線と不必要な医療費は平均で約5.6%にまで減少しています。米国の健康保険会社UnitedHealthによると、2019年には、医療提供者への価値に基づく医療支払は15%以上の成長を記録しており、医療システムのリソースの効果的な利用を強化しながら、最高品質のケアを実践する動機を支えています。さらに、UnitedHealthは、2020年末までに医療提供者への支払いのうち750億米ドルが価値に基づく医療ケアに付随したものになると予測しています。同様に、アカウンタブルケアオーガニゼーション(ACO)の数も増えており、より多くの保護包括を実現しています。

医療インフラの不足は、価値に基づく医療支払市場の成長を制限すると予想されます。これは、技術的なリスクを取ることに対する組織の意欲の欠如によるものです。例えば、組織の多くはまだ人工知能(AI)を導入して価値に基づく医療を加速させようとしていません。医療機関の約43%がAIの実現に不安を感じており、さらに21%がAI関連のイノベーションの準備をしていません。さらに、データ分析の知識を持つ訓練を受けたスタッフが不足していることから、AIの実行計画を立てているのはわずか13%にすぎません。これに加えて、多くの医療施設では患者データを効果的に統合するためのインフラが不足しており、価値に基づく医療支払が利用できないことを示唆しています。これらの要因は、価値に基づく医療支払市場の成長を制限し、医療インフラに悪影響を与えることが予想されます。

価値に基づく医療のパートナーシップは、製造業者、支払者、プロバイダー組織などのパートナーが、患者と医療システムの利益のために、プログラム、ソリューション、イニシアチブを共同開発することを可能にするため、プロバイダーの間で人気が高まっています。これは、システムと社会のトータルコストを、患者本位の結果に集中することで、医療システムと社会に最高のインセンティブを提供します。

価値に基づく医療支払市場の主要プレーヤーは、Siemens Healthcare GmbH、Nextstep Solutions、Athena Health、NXGN Management, LLC.、McKessonなどがあります。

価値に基づく医療支払市場の主要プレーヤーは、地域別に、アジア太平洋、西欧、東欧、北米、南米、中東、アフリカに分類されます。

同市場は、モデル別では、Accountable Care Organization (ACO)、Bundled payments、Patient-Centered Medical Home (PCMH)、Pay for Performance (P4P)に分類され、導入方法別には、クラウドベース、オンプレミスに分類され、エンドユーザー別には、プロバイダー、支払者に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]