保険者サービスの市場規模、2023年には1346億5000万米ドルに成長予測 医療詐欺の増加で、セキュリティシステムの需要が増加

保険者サービス市場は、事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)による保険者サービスの売上で構成されています。これらのアウトソーシングソリューションは、保険者がビジネスプロセスを合理化し、より良いサービスを顧客に提供するのに役立ちます。

保険者サービスの市場規模は、2019年の889億7000万米ドルから2020年には939億米ドルまで、CAGR5.5%で成長すると予測されています。指数関数的な成長は、主にCOVID-19の発生により、医療請求や請求に関するサービスの需要が増加したことに起因しています。その後、2021年から2023年にはCAGR12.77%で成長し、1346億5000万米ドルに達すると予想されています。

医療詐欺の増加は、セキュリティシステムの強化を必要とし、市場を牽引すると予想されています。医療詐欺には、不必要な処方箋薬の入手と闇市場での販売、開業医による行っていない治療費の請求、サービスの重複請求、日付の変更など医療記録の修正が含まれます。医療業界は、詐欺やミスが原因で損失を被り続けています。例えば、全米ヘルスケア不正防止協会によると、米国では2018年の医療詐欺による損失は3000億米ドルと推定されています。そのため、医療業界における医療詐欺の増加は、厳格なセキュリティシステムの需要を推進しており、保険者サービス市場の成長を牽引しています。

近年、ヘルスケア部門は常にプライバシー侵害とそれに伴う機密データ損失のケースの中心にいます。2019年のデータ侵害の45%をヘルスケア部門が占め、177億6000万米ドル以上のコストがかかりました。データ侵害や機密性の喪失が増加していることが、市場の成長を妨げています。

先進的な技術を採用した製品が市場で人気を集めています。これにより、価格の透明性が向上し、手頃な保険者サービスリソースの利用が増え、品質の範囲が広がり、メンバーのサービスプロバイダーに対する満足度と信頼度が高まりました。この改良により、処方されている薬をより低コストで入手できるような、選択肢が提供できるようになりました。

保険者サービス市場の主なプレーヤーには、United Health Group、Anthem、Concentrix、United Healthcare、Aetna、CIGNA、HealthPartners、Blue Cross Blue Shield of Massachusetts、Group Health Cooperativeなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]