収益サイクル管理ソフトウェアの市場規模は、2023年には950億2000万米ドルに到達予測 主要企業によるAI戦略が、意思決定の迅速化と運用コスト削減に貢献

収益サイクル管理ソフトウェア市場は、事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)によるソフトウェアサービスの売上で構成されています。

収益サイクル管理ソフトウェアの市場規模は、2019年の642億6000万米ドルからCAGRマイナス1.35%で縮小し、2020年には633億9000万米ドルになると予想されています。これは、COVID-19の流行により、通院を避けるために治療を延期した結果、患者数が減少したことに起因します。また、選択的な処置がキャンセルされたことにより、医療サービス提供者の財政的負担が増大しています。その後、市場はCAGR14.44%で回復し、2023年には950億2000万米ドルに達すると予想されています。

病院や外来の受診数の増加が市場を牽引すると予想されています。来院者の増加による医療費の急増は、会計時に手間のかからないサービスの提供と、患者の支払い記録の保持を、サービスプロバイダーに要求します。米国の国民医療支出は、2027年までにほぼ6兆米ドルに達し、CAGR5.5%のペースで成長すると予測されています。ヘルスケアサービスプロバイダーは、患者の診察回数の増加により、医療施設での収益サイクル管理ソフトウェアを採用するようになりました。このことで、迅速で正確な請求の送信が可能になり、柔軟性のある診療の手配が可能になりました。

熟練した専門家不足に起因する自動化システムの低い採用率は、市場の成長を制限します。非効率的な収益サイクル管理システムは、収益と生産性の損失につながります。プロバイダーは、長期的なプロセスを改善する、技術上の課題に直面しています。例えば、患者の支払い能力を予測するために高度なモデリングツールを使用しているのは、医療提供者の14%に過ぎないと推定されています。これでは、フロントオフィスのスタッフがサービス提供時点で財務的な議論をする能力が制限されます。多くのサービスプロバイダーは、技術的な知識や意識、リソースが不足しているため、技術のアップグレードを行っておらず、収益サイクル管理ソフトウェア市場を抑制しています。

収益サイクル管理ソフトウェアに人工知能(AI)を組み込むことで、市場の成長を後押ししています。主要なヘルスケアアナリティクスのリーダー企業は、意思決定の迅速化と運用コストの削減に役立つAI戦略を積極的に実施または計画しています。

同市場は、地域別に、アジア太平洋、西欧、東欧、北米、南米、中東、アフリカに分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]