放射線治療装置の市場規模、2023年には69億4000万米ドルに成長予測 AI利用による正確な分析やスピードの向上に期待

放射線治療装置市場は、装置を製造する事業者(団体、個人事業者、組合)の売上と関連サービスで構成されています。放射線治療装置は、高線量の放射線を用いてがん細胞を死滅させたり、腫瘍を縮小させたりすることで、がん治療に利用されています。

放射線治療装置市場は、2019年の57億5000万米ドルから2020年には54億4000万米ドルに減少し、同期間中のCAGRはマイナス5.35%になると予想されています。これは、COVID-19の発生によるソーシャルディスタンスの確保、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖など封じ込め措置に起因しています。その後、市場はCAGR8.47%で回復し、2023年には69億4000万米ドルに達すると予想されています。

技術の進歩が市場の需要を牽引すると予想されています。腫瘍を標的とするパフォーマンスを向上させるため、技術の進歩が役立っています。低コストかつ高効率で、正確な線量と改善された放射線量を備えたユーザーフレンドリーな製品が開発されています。2D放射線治療装置からリアルタイムイメージングを用いた3D装置への進歩により、放射線の適合性が高くなり、腫瘍の管理を改善できます。先進的なデバイスの発売は、近い将来、市場の収益を推進する可能性が高くなります。

放射線治療は、複雑な機械を使用し、熟練した医療従事者を必要とするため、コストの高さが市場の成長を制限すると予測されています。放射線治療の具体的な費用は、患者の居住地、放射線治療の種類、必要な医薬品の数などの医療サービスの内容に依存します。例えば、陽子線治療は高額な治療法であり、通常、大都市や主要な学術センターで行われています。治療期間は8週間で、治療費や転居費などの巨額な出費につながります。国立がん研究機関の報告書によると、2018年に米国でがん治療に費やされた金額は約1508億米ドルに達しました。がん治療の高額な費用負担は、貧困層や保険に加入していない人には特に難しいと考えられます。そのため、放射線治療に伴う高額な費用が市場の成長を抑制すると予想されています。

人工知能(AI)は放射線治療装置市場の主要なトレンドであり、市場で大きな人気を集めています。疾患ケアにAIのイノベーションを組み込むことで、分析の正確性とスピードが向上し、臨床力学を助け、より良い結果につながることが期待されています。また、AIには、治療計画、臨床的意思決定支援、自動化された画像誘導型適応放射線治療やゲノム・放射線生物学的データマイニングにおけるディープラーニングの応用も期待されています。

放射線治療装置市場は、地域別に、アジア太平洋、西欧、東欧、北米、南米、中東、アフリカに分類されます。

放射線治療装置は、製品タイプ別に、外部ビーム放射線治療装置、線形加速器装置、陽子線治療装置 に分類され、アプリケーション別に、皮膚がん、乳がん、前立腺がん、子宮頸がん、肺がん、その他 に分類されます。エンドユーザー別に、病院、外来手術センター、腫瘍治療センターに分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]