心臓血管医療用レーザーの市場規模、2023年には2億8277万米ドルに到達予想 代替治療法の世界的普及が、市場の需要の抑制要因に

心臓血管用医療レーザー市場は、レーザーの売上とそれを製造する事業体による関連サービスで構成されています。心臓血管医療レーザーは、心臓の閉塞を取り除くための心臓関連の病状の治療に使用されます。

心臓血管用医療レーザー市場は、2019年の1億7930万米ドルから2020年には1億2809万米ドルに減少し、同期間中のCAGRはマイナス28.56%になると予想されています。これは、COVID-19の発生によるソーシャルディスタンスの確保、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖など封じ込め政策に起因しています。その後、市場はCAGR30.21%で回復し、2023年には2億8277万米ドルに達すると予想されています。

心血管疾患の有病率の上昇は、心臓血管医療レーザー市場を牽引すると予想されています。これは、喫煙、運動不足、不健康な食生活の増加に起因する可能性があります。例えば、世界保健機関(WHO)によると、2019年には世界で1790万人が心血管疾患で死亡しています。英国心臓財団によると、英国では毎年約6万4000人が冠動脈性心疾患で亡くなっており、これは、1日平均180人、つまり8分に1人の割合で亡くなっている値になります。また、英国では、男性の7人に1人、女性の12人に1人が冠動脈性心疾患で亡くなっています。心血管疾患の有病率の増加は、心臓血管医療レーザー市場の成長を後押ししています。

心血管系疾患の代替治療法は世界的に普及しつつあり、これが心臓血管系医療レーザー市場の収益にマイナスの影響を与えると予想されています。冠動脈形成術、ステント植え込み、血栓溶解療法、冠動脈バイパスグラフト手術(CABG)、人工ペースメーカー手術、除細動、心臓弁手術などの医療処置を用いた心臓病の治療は、レーザーを採用した治療法と比較して、より一般的に行われています。米国では年間約34万件のCABG手術が行われており、この傾向は今後も継続することから、市場の需要の抑制要因になると予想されています。

心臓血管用医療レーザー市場のメーカーは、心臓疾患の迅速な診断と効率的な治療のための技術に絶えず投資しています。新しい波長、より頑丈なセットアップ、低コストのシステムなど、技術の進歩した分野では、低侵襲技術との組み合わせが進んでいます。

心臓血管用医療レーザー市場の主要なプレーヤーは、Boston Scientific Corp、Cardiovascular Systems、AngioDynamics、Royal Philips NV、RA Medical Systemsなどがあります。

同市場は、地域別に、アジア太平洋、西欧、東欧、北米、南米、中東、アフリカなどに分類されます。

心臓血管用医療レーザーは、タイプ別に、エキシマレーザー、二酸化炭素レーザーなどに分類され、用途別に、レーザー血管吻合、経心筋レーザー再灌流、末梢動脈疾患のためのレーザー血管形成術などに分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]