婦人科用レーザーの市場規模、2023年までCAGR30.21%で成長し4億2415万米ドル到達見込み 炭酸ガスレーザーによる処置が最も一般的

婦人科用レーザー市場は、レーザーを製造する事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)による売上と関連サービスで構成されています。婦人科用レーザーは、女性の生殖器系に関わる疾患の治療に使用されています。

婦人科用レーザーの市場規模は、2019年の2億6896万米ドルから2020年には1億9213万米ドルに減少し、CAGRマイナス28.56%で縮小すると予想されています。これは、主にCOVID-19の発生によるソーシャルディスタンスの確保、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖など封じ込め措置に起因しています。その後、市場はCAGR30.21%で回復し、2023年には4億2415万米ドルに達すると予想されています。

肥満の増加が市場を牽引すると予想されています。太りすぎの女性は婦人科疾患の発症率が高く、生殖健康関連の問題のリスクが高いと報告されています。さらに、不妊、受胎、流産、妊娠合併症のリスクも高まります。また、自然妊娠だけでなく、受胎を補助した医療を受けた場合にも成功率が低くなります。そのため、女性の肥満の増加は、婦人科治療の需要を推進しています。

婦人科用レーザーに関連する高額な費用は、発展途上国の患者の多くが直面している問題です。コストを抑制し、価値を示すことへの必要性は、広範囲に及んでいます。多くの国で政治的な不確実性と経済的圧力が続くことで、公的医療資金の持続可能性に対する不安が報告されています。炭酸ガスレーザーは婦人科で最も一般的に使用されている処置であり、主な適応対象は子宮頸部、膣、外陰部、腹膜の疾患です。唯一の欠点は、その高いコストです。例えば、炭酸ガスレーザー治療は1回の治療で500米ドル以上の費用がかかり、最初に3回の治療と、その後、年1回の治療が必要となります。したがって、この高コストと発展途上国での熟練した技術者の不足は、レーザー治療の需要を妨げ、市場の成長に悪影響を与えています。

婦人科用レーザー市場の主要企業には、Quanta System S.p.A, Cynosure, biolitec AG, Boston Scientific Corporation, DEKA JAPAN, Limmer Laser, Linline Medical Systems, Fotona, GIGAA Laser, LISA laser products, Lumenis, Asclepion Laser Technologies, Medelux, Alma Lasers, NeoLaser, Asclepion Laser Technologies、などがあります。

同市場は、地域別に、アジア太平洋、西欧、東欧、北米、南米、中東、アフリカに分類されます。2019年は、北米地域が最大市場でした。

婦人科用レーザーは、製品タイプ別に、CO2レーザー、KTP-アルゴンレーザー、Nd:YAGレーザー に分類され、アプリケーション別に、コルポスコピー、腹腔鏡検査、子宮鏡検査 に分類され、エンドユーザー別に、病院、専門クリニック、外来手術センター、医療センターに分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]