腫瘍アブレーション治療装置の市場規模、2023年には7億2835万米ドルに到達見込み 化学療法や放射線治療で成果が得られなかった患者に有効

腫瘍アブレーション治療装置市場は、病院やがん診療所で使用される装置の売上と関連サービスで構成されています。腫瘍アブレーションとは、画像技術を使って腫瘍の臓器に針を挿入し、腫瘍を摘出する技術です。

腫瘍アブレーション治療装置の市場規模は、2019年の5億1548万米ドルから2020年には5億151万米ドルに減少し、CAGRマイナス2.71%になると予測されています。この減少は、主にCOVID-19の発生により、社会的距離の離隔、リモートワーク、産業やその他の商業活動の封じ込め措置に起因しています。その後、市場はCAGR13.25%で回復し、2023年には7億2835万米ドルに達すると予想されています。

がんの罹患率の増加が、市場の成長を牽引する重要な要因となっています。がんは死因の第2位とされており、世界では約6人に1人ががんで死亡しています。腫瘍アブレーションは、肺、肝臓、腎臓、骨の腫瘍の治療に広く用いられている低侵襲手術です。世界保健機関(WHO)によると、2018年のがんを原因とした死者は960万人で、その約70%は低・中所得国で発生しています。腫瘍アブレーションは、化学療法や放射線治療で成果が得られなかった患者に有効な方法です。

技術的な問題による腫瘍切除装置のリコールが、市場の成長を抑制すると予想されます。企業は安全性への懸念から製品を回収しています。製品のリコールは、企業の財政負担を引き起こします。

腫瘍アブレーション治療装置市場で事業を展開している大手企業は、手順の短縮、安全性の向上、放射線被曝の低減、より早い学習能力、結果の改善など、技術の進歩に力を入れています。2018年、J&J medicalsは、がん細胞の中に電極を入れ、その周囲の温度を上昇させがん細胞を燃焼させる初の低侵襲装置であるNEUWAVEと呼ばれるマイクロ波アブレーションシステムを発売しました。また、2020年6月には、Boston Scientificは、DirectSenseと呼ばれる技術を発表しました。これは、現在心臓の処置に使用されている高周波(RF)の効果を監視するために使用されるツールで、今後、腫瘍にも採用される可能性があります。

腫瘍アブレーション治療装置市場の主要プレーヤーには、Galil Medical、Misonix、HealthTronics、Angiodynamics、Boston Scientific Corporation、Medtronic Plc、EDAP TMS S.A.、Neuwave Medical、BVM Medical、Erbe Elektromededizin GmbH、BTG International、AtriCure、Theraclion、INTIOなどがあります。

同市場は、地域別に、アジア太平洋、西欧、東欧、北米、南米、中東、アフリカに分類されています。2019年は、北米地域が最大市場でした。

技術別に、高周波焼灼術、マイクロ波焼灼術、低温アブレーション、不可逆的エレクトロポレーション焼灼術、その他に分類され、 治療法別に、手術、腹腔鏡、経皮に分類されています。エンドユーザー別では、病院、腫瘍クリニック、その他に分類され、用途別には腎臓がん、肝臓がん、乳がん、肺がん、前立腺がん、その他に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]