IVF (体外受精) サービスの市場規模、2023年には181億7000万米ドルに到達見込み 新技術PRPは、着床に難のある患者の体外受精の成功率を向上

体外受精(IVF)サービス市場は、サービスを提供する事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)による売上で構成されています。体外受精は、不妊症に対処するために使用される生殖補助技術の中でも最も広く知られているものの一つです。体外受精は、卵子が体外で精子と結合する受精のプロセスであり、in vitro(ガラスの中)で行われます。

体外受精サービスの市場規模は、2019年の133億9000万米ドルから2020年には129億2000万米ドルに減少し、CAGRマイナス3.52%になると予想されています。これは主にCOVID-19の発生により、通院を避けるために治療を延期した結果、患者数が減少したことによるものです。その後、市場は回復し、2023年にはCAGR12.04%で181億7000万米ドルに達すると予想されています。

不妊率の上昇が市場の成長に貢献しています。不妊症とは、妊娠しようとしても12ヶ月以内に妊娠できないことと定義されています。世界の出生率は、女性1人当たりの出生数が、1990年の3.2人から、2019年には2.5人にまで低下しています。米国保健福祉省によると、100組中約12組から13組のカップルが不妊問題を抱えているといいます。さらに、インドのコミュニティ・メディスン誌によると、インドだけでも1500万から2000万人の不妊症患者がいると報告されています。不妊率の上昇により人々は体外受精サービスに頼るようになり、このことが市場の成長を押し上げています。

体外受精サービスの高コストが、市場の成長を抑制しています。例えば、基本的な体外受精パッケージの費用は4700米ドルから2万米ドルで、米国での平均価格は約1万2000米ドルです。1回の体外受精サイクルの総費用は8000米ドルから3万米ドルの間です。FertilityIQによると、2018年の体外受精サービスの費用は約2万2000米ドルでしたが、現在は増加傾向にあります。インドのような新興国では、体外受精サービスの費用は7万インド ルピーから30万インド ルピーとなっています。体外受精サービスが高コストなため、低・中所得者層が利用できず、市場の成長にマイナスの影響を与えています。

血小板が豊富な血漿(PRP)の利用は、着床に難のある患者の体外受精の成功率を向上させるために使用されるようになってきた最新の技術です。PRPは体外受精などの不妊治療と並行して、卵子の質、子宮内膜の厚さ、子宮内膜受容性を改善するために使用され、主に複数回の体外受精サイクルを経た後、着床不全が再発した場合に採用されます。Journal of Assisted Reproduction and Genetics誌に掲載された論文によると、PRPで治療を受けた女性は、卵胞刺激ホルモン(FSH)、抗ミューレリアンホルモン(AMH)、胞状卵胞数(AFC)の有意な改善により、生殖能力の向上に貢献したと報告されています。

体外受精サービス市場は、地域別に、アジア太平洋、西欧、東欧、北米、南米、中東、アフリカに分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]