皮膚科用レーザーの市場規模、2023年には42億米ドルに到達見込み 美容整形の需要の高まりが市場の成長を牽引

皮膚科用レーザー市場は、機器の売上と、それを製造する企業による関連サービスで構成されています。皮膚科用レーザーは、皮膚に関連する病状の治療や、傷跡の除去、肌の若返り、皮膚の美白化、脱毛、タトゥー除去などの美容処置に使用されています。

皮膚科用レーザーの市場規模は、2019年の26億2000万米ドルから2020年には25億5000万米ドルに減少し、CAGRはマイナス2.67%になると予想されています。減少の主な原因は、COVID-19の発生により、ソーシャルディスタンス、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖などを含む封じ込め措置によるものです。その後、市場はCAGR18.18%で回復し、2023年には42億米ドルに達すると予想されています。

美容整形の需要の高まりが皮膚科用レーザー市場を牽引すると予想されています。外見を向上させ、皮膚の欠陥を治療するために、美容整形を選択する人が増加しています。米国形成外科学会(ASPS)の報告書によると、2018年、米国では1770万件の美容整形に1650万米ドルが費やされ、前年比2%増の結果となりました。皮膚科レーザーは、小じわ、しわ、肌の引き締め、色素性病変、前癌性病変、血管性病変、入れ墨、脱毛、ニキビ跡の除去などの美容処置に使用されています。ユーザーの間で美容処置に対する需要が高まり、同時に、皮膚科医療用レーザー市場の成長を押し上げています。

皮膚科用レーザー治療のための代替手段は、市場の成長の妨げとなることが予測されます。関連薬、化学療法、マイクロニードルとボトックス手術などの代替手段による皮膚治療の需要の高まりは、市場の成長を妨げると予想されます。

ピコ秒レーザーは、ニキビの治療、皮膚の美白化、肌の引き締めなどに使用され、タトゥー除去以外の皮膚治療にもピコ秒レーザーへの投資を行う企業が増えています。例えば2018年7月、韓国のウォンテック社が製造したピコケア450は、皮膚科の施術に使用することをFDAから承認されました。

皮膚科用レーザー市場の主要プレーヤーは、Cynosure、Peninsula、Miracle Laser、Syneron、Shenzhen GSD、Sincoheren、Fotona、Alma Laser、Alma Laser 、Cutera、SemiNex Corporation、Valeant Pharmaceuticals Internationaなどがあります。

同市場は、地域別に、アジア太平洋、西欧、東欧、北米、南米、中東、アフリカなどに分類されます。2019年は、北米地域が最大市場でした。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]