臨床腫瘍次世代シーケンシングの市場規模、2023年には6608億7000万米ドル到達予想 企業はサンプル精度向上のためワークフロー自動化に増資

臨床腫瘍次世代シーケンシング市場は、装置を製造する事業体(団体、個人事業者、パートナーシップ)による売上と関連サービスで構成されています。次世代シークエンシングは、DNAの一部分のヌクレオチドの配列を決定するために使用されるプロセスであり、がん研究に使用されています。

同市場は、2019年の4472億8000万米ドルから2020年には4375億5000万米ドルに減少しCAGRはマイナス2.18%になる見込みです。この減少は、主にCOVID-19の発生により、社会的距離の離隔、リモートワーク、産業やその他の商業活動の閉鎖などの封じ込め措置に起因しています。サプライチェーン全体が混乱し、市場にマイナスの影響を与えています。その後、市場は回復し、2023年にはCAGR14.74%で6608億7000万米ドルに達すると予想されています。

市場は、技術別に、イオン半導体シーケンシング、パイロシーケンシング、合成シーケンシング、リアルタイムシーケンシング、ライゲーションシーケンシング、可逆性色素終端シーケンシング、ナノポアシーケンシングに分類されています。また、アプリケーション別には、スクリーニング、コンパニオン診断、その他の診断に分類され、エンドユーザー別には、病院検査室、臨床研究機関、診断検査室に分類されています。

世界的ながん症例数の増加は、市場の成長に寄与すると考えられます。米国癌協会によると、2019年の米国での新規症例数は170万人、がん死亡者数は60万人となっています。世界で最も多いがんは肺がん、前立腺がん、大腸がん、乳がんの4つで、新規がん患者の43%を占めています。そのため、世界的ながん罹患率の上昇は、市場の需要を押し上げると予想されています。

臨床腫瘍次世代シーケンシングに関連する高額なコストは、患者が直面する大きな問題です。コストを抑制し、その価値を示すことが求められています。多くの国で政治的な不確実性と経済的な抑圧により、公的医療資金の持続可能性が疑問視されています。低所得国では、がんに対する費用対効果の高い治療法がないことが国民の健康状態に影響を与え、平均寿命の低さにつながっています。希少がん向け機器は一般的ながん向け機器と比較してコストが高くなるため、市場の成長を抑制しています。

臨床腫瘍学の次世代シーケンシングを手がける企業は、精度を高め、サンプル間のばらつきを減らすために、ワークフローの自動化への投資を増やしています。例えば、Agilentの自動化ソリューションは、並行して実行できる反応数を増やし、サンプル処理時間を短縮し、サンプル間のばらつきを減らしながら処理数を増やすことができる自動化システムを開発しています。また、Sophia Geneticsなどの企業は、DNA シーケンシングを自動化して患者の診断や治療をより良くすることを視野に入れたデータ駆動型医療にも投資しています。

市場は、地域別に、アジア太平洋、西欧、東欧、北欧に分類されています。2019年は北米地域が最大市場でした。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]