出生前検査・新生児スクリーニングの市場規模、 2023年には60億4000万米ドルに到達予想 発展途上国の医療アクセスの悪さが市場の成長を抑制

出生前検査・新生児スクリーニング検査市場は、検査を提供する事業体(組織、個人事業者、パートナーシップ)による検査のサービスおよび関連商品の売上で構成されています。出生前または出生後にタイムリーな医療や外科的治療を提供することで、様々な遺伝性疾患や染色体疾患を判定するのに役立ちます。鎌状赤血球、ダウン症、嚢胞性線維症、筋ジストロフィーなどの遺伝性疾患は、これらの検査の助けを借りて検出されます。

出生前検査・新生児スクリーニング市場は、2019年の43億9000万米ドルから2020年には41億8000万米ドルに減少し、CAGRはマイナス4.79%が見込まれています。これは主にCOVID-19の発生により、通院を避けるために治療を延期した結果、患者数が減少したことによるものです。その後、市場は回復し、2023年にはCAGR13.09%で60億4000万米ドルに達すると予想されています。

多くの発展途上国では、先進国と比較して医療アクセスが悪いことによって、市場の成長が妨げられる可能性があります。例えば、インドでは、2020年時点で13億3000万人に対して約190万の病床しかありません。医療サービスへのアクセスの悪さと、病院と医療従事者の不足が、多くの発展途上国の市場成長に悪影響を与えています。さらに、多くの国では可処分所得の低さが医療サービスへのアクセスを低下させており、市場の成長を抑制しています。

市場では、機械学習や人工知能の利用が徐々に普及してきています。人工知能(AI)とは、人間の知能を機械にシミュレーションしたもので、機械学習はAIの一部です。機械学習とAIは、企業が関連するすべてのデータを詳細に分析し、疾患に関する洞察を提供し、組織サンプルの正確な評価を提供するのに役立ちます。

2020年3月、Thermo Fisher Scientificは、Qiagenを115億米ドルで買収することを決定したと発表しました。Thermo Fisher Scientificは、アレルギー、自己免疫、移植診断、腫瘍検査などの専門的な診断機能を有しています。今回の買収は、Thermo Fisher Scientificの遺伝子解析・バイオサイエンス事業を補完するものと期待されています。Qiagen社は1984年に設立されたドイツに本拠を置く遺伝子検査会社で、25カ国以上に35以上のオフィスを展開しています。

出生前検査・新生児スクリーニング市場の主なプレイヤーは、PerkinElmer、Progenity、Laboratory Corporation of America Holdings(Sequenom)、Natera、Invitae、Centogene、Cradle Genomics、Roche Diagnostics、Quest Diagnostics、Baebies、Progenity、Ravgen、Strand life sciences、Eurofins scientificなどです。

出生前検査・新生児スクリーニング市場は、地域別に、アジア太平洋、西欧、東欧、北米、南米、中東、アフリカに、分類されています。2019年は、北米地域が最大市場となりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]