埋め込み型バイオマテリアルの市場規模、2023年にCAGR10.04%で回復し1365億9000万米ドルに到達予想 生体ベース製品の限界に課題

埋め込み型バイオマテリアル市場は、その販売と関連サービスで構成されています。生体材料とは、損傷した組織や身体的構造をサポート、強化、または代替するために医療用途で使用する天然・合成材料のことです。

埋め込み型バイオマテリアルの市場規模は、2019年の1088億米ドルからCOVID-19の影響により2020年にはCAGR-5.79%で1025億米ドルに縮小すると予想されています。その後、CAGR10.04%で回復し、2023年には1365億9000万米ドルに達すると予想されています。

2019年は北米地域が最大市場で、欧州がこれに続きます。

新たなバイオマテリアル開発への政府機関の資金援助が、市場の成長を牽引しました。例えば、2017年に英国の再生プラットフォームは、医学研究評議会(MRC)、工学物理科学研究評議会(EPSRC)、バイオテクノロジー・生物科学研究評議会(BBSRC)の3つの評議会の共同イニシアチブから、5年間で2100万米ドルの資金援助を受けました。新しいバイオマテリアルの開発における政府機関からの支援は、バイオマテリアル市場をさらに牽引すると予測されます。

生体材料ベース製品の限界は、市場にとって大きな課題となっています。例えば、金属製の生体材料は、酵素や酸など体内での化学反応により腐食したり、金属イオンの毒性を引き起こしたりする可能性があります。ポリマー製の生体材料は、身体との強い相互作用があることから摩耗につながり、血液から重要な栄養素や水分を吸収してしまう可能性があります。生体材料インプラントの中には、骨の成長を最小限に抑える事ができるものもありますが、時間の経過とともにインプラントが緩んで外れてしまうものもあります。生体材料が身体に対して持つこれらの反応は、その使用を制限する事につながり、市場の成長にマイナスの影響を与えます。

市場は材料別に、金属、セラミック、ポリマー、天然素材に分類され、用途別に、歯科、循環器、眼科、整形外科、その他に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]