家庭用フィットネス機器の市場規模、在宅ワークアウト用の需要増加により、2020年には94億9000万米ドルに成長予測

家庭用フィットネス機器には、体重管理、体力向上、筋力強化、容姿・性格の改善、脂肪燃焼、心拍数のシミュレーションのために、家庭での運動やモニタリングを目的としたデバイスがあります。また、病状の治療・回復、総合的な健康・体力の維持も目的としています。

家庭用フィットネス機器の市場規模は、2019年の67億6000万米ドルから2020年にはCAGR40.4%で成長し94億9000万米ドルに達すると予測されます。この成長の主な要因は、COVID-19の影響による封じ込め政策で、在宅ワークアウト用のフィットネス機器の需要が増加し、オンラインフィットネスコンテンツの充実に道が開かれたことにあります。その後、市場の成長は減速し、2023年にはCAGR-3.16%で市場規模は86億2000万米ドルに縮小すると予想されています。

カスタマイズされたワークアウトの嗜好と相まって予防ケア的なヘルスケアが市場の成長に貢献しています。人々は、定期的な運動で健康的な体重を維持し、慢性疾患のリスクを減少させることができ、積極的にライフスタイルを維持することに注力しています。週に150分から300分の高速歩行や水泳など中程度の運動は、体重増加を防ぐ重要な予防ケアとして必要とされています。人々はカスタマイズされたワークアウトを好み、その要件を満たすためにオンラインの専門家や個々のトレーニングコースによってトレーニングを受けています。ヘルスケアの予防とカスタマイズされたワークアウトのプログラムは、市場の需要を増加させています。

室内のスペースの問題は、市場の成長を制限すると考えられます。都市部の小さな家やアパートなど限られた空間に住む人々は、フィットネス機器のためのスペースに限界があります。ユーザーが省スペースで希望するフィットネス機器すべてを調整することは困難です。

仮想現実のフィットネス機器、楽しいゲームやトレーニングシナリオでモチベーションを維持するアクセサリーやアプリは、市場の新たなトレンドです。また、バーチャルマシンの利用は、クロストレーナー、トレッドミル、ステーショナリーバイクなど、数千米ドルを節約することができます。例えば、VR Fitness Companyは、あらゆるフィットネスレベルの人に安全で楽しい有酸素運動を提供し、運動をより楽しくエキサイティングなものにするために作られたバーチャルリアリティフィットネスマシンを提供することで、世界初のリアリティジム体験を生み出しています。また、Bluetoothと接続することで、フィットネス機器と互換性のあるバーチャルリアリティアクセサリーも体験できます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]