非接触型赤外線体温計、COVID-19の発生による検温義務化が市場の急成長を促進 デバイスの不足による高額化が課題

非接触型赤外線体温計市場は、家庭や病院で使用されている非接触赤外線温度計と関連サービスの売上で構成されています。非接触型赤外線体温計は、迅速かつ非侵襲的に温度を測定することができ、従来よりも快適に体温を測る事ができます。

非接触型赤外線体温計の市場規模は、2019年の1143万米ドルから2020年にはCAGR 55.85%で成長し1782万米ドルに達すると予想されています。成長の主な要因は、COVID-19の発生により、すべての商業施設、職場、病院での検温が義務付けられたことです。市場は2023年には安定し、CAGR-6.37%に減速し1463万米ドルに落ち着くと予想されています。

2019年の市場は、北米が最大地域でした。アジア太平洋地域は、急成長する地域と予想されています。

COVID-19の症例数による非接触型赤外線体温計の需要が市場の成長を牽引しています。COVID-19感染症は発熱が主な症状で、人々が集まる場所での検温は不可欠です。赤外線体温計は、遠くから額に赤外線を照射することにより、数秒で、正確かつ頻繁に体温が測定できる効率的な機器です。計測が速く、高精度の機能を備えているため、赤外線体温計の需要は日に日に高まっています。

その一方で、非接触型赤外線体温計の高コストは、市場の成長を妨げる重要な要因となっています。COVID-19の発生以来、非接触型温度計や温度測定銃は、非常に高い価格で販売されています。しかし、世界的にCOVID-19の症例数が増加する中、各国はこれらの機器の輸出入に苦慮しており、需要と供給のギャップがあります。市場での非接触型体温計やガンタイプの温度測定の不足のために、利用可能なデバイスは高額化しています。

Bluetoothに基づく非接触型赤外線温度計は、市場の主要なトレンドです。ドアツードアのテストキャンペーンは、COVID-19のケースが増えるにつれて現実味がなくなってきており、スマートサーモメーターの登場につながりました。温度計がオンになると、Bluetooth経由で携帯電話に接続され、場所もアプリに表示されます。他の温度計と同様に、所持者の検温も可能で、調査結果は携帯電話に表示され、発熱がある場合は、情報と場所はサーバーに送信されます。

2018年11月、台湾を拠点とする医療、看護、薬局調剤などのサービスを提供するMidas Health Co. Ltd.が、Microlifeを非公開で買収しました。この買収により、Microlifeは、世界市場の不確実性の高まりに対処するために必要な資金を確保することができました。 Microlifeは、血圧モニター、デジタル体温計、喘息管理デバイス、熱療法補助器具、血糖管理デバイス、体重管理デバイスの開発と製造を専門とする医療診断会社です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]