スマートウェアラブルの市場規模、推定161億2000万米ドルへ COVID-19の接触者追跡用途により2020年のCAGRは22.37%予測

スマートウェアラブル市場は、スマートウェアラブルデバイスの販売と、健康ならびにフィットネスに関連したデータ追跡サービスで構成されています。スマートウェアラブルは、人体に装着することを目的としたあらゆる形態の電子機器を指します。

スマートウェアラブルの市場規模は、2019年の132億米ドルから2020年にはCAGR22.37%で161億2000万米ドルに拡大すると予測されています。この成長は主にCOVID-19のパンデミックによるもので、COVID-19の接触者追跡用途で使用されるスマートウェアラブルの売上増加によるものです。市場はその後、2023年にはCAGR15.05%で245億米ドルに達すると予想されています。

市場はデバイス別に、スマートウォッチ、スマートグラス、フィットネス・ウェルネスデバイス、スマートウェア、その他に分類され、アプリケーション別に、ライフスタイル、ヘルスケア、コンシューマーアプリケーション、防衛、フィットネス・スポーツ、エンタープライズ・インダストリアルに分類されています。

ワイヤレススポーツフィットネスデバイスの需要が、市場を牽引すると予測されています。サイクリスト、ランナー、ジム、水泳選手、アスリートの間で、スマートウォッチなどのスマートデバイスを使用して、燃焼カロリー、1時間ごとの活動量、静止時間、活動時間をトラッキングすることが急速に増加しています。例えば、2019年9月には、米国のテクノロジー企業であるGarminが、人体のあらゆる動きをトラッキングできるフィットネストラッカーを搭載したスマートウォッチ「Garmin Vivoactive 4」を発売しました。スマートワイヤレスなフィットネスデバイスの需要は、市場を推進すると予想されています。

所有者がスマートウェアラブルデバイスを通じて生成したデータを制御できないことが、市場の成長を制約しています。ほとんどのウェアラブルデバイスのプライバシーポリシーでは、収集したデータは第三者のベンダーと共有が条件となっており、データ侵害へのリスクを与えています。例えば、2018年には、フィットネストラッキングアプリのStravaがイランやシリアにいる米兵の位置を突き止めました。データ侵害はユーザーにとって大きな懸念材料であり、これらのデバイスの使用を採用する上での障害となっており、市場の成長にマイナスの影響を与えています。

スマートリングの使用は、スマートウェアラブル市場の成長を形成する重要なトレンドです。スマートリングは、人体の健康問題を追跡し、人の健康の詳細な分析を提供するバイオメトリックアクティビティデータトラッカーを有効にしています。例えば、2018年10月にOura Healthが発売したスマートウェアラブルリング「Oura Ring」は、人間の体の睡眠の質と持続時間の決定に役立ちます。

2019年11月には、米国の多国籍技術企業であるGoogle LLCが、Fitbit, Inc.を21億米ドルで買収しました。Fitbitの買収は、スマートウェアラブルデバイス事業におけるGoogle LLCの強化を目的としていました。Fitbit, Inc.は米国に本社を置く企業で、ワイヤレスウェアラブル技術を用いたデバイスの製造に特化しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]