ネブライザーの市場規模、COVID-19パンデミック後一度落ち込むも、2030年には26億660万米ドルまで成長予測 メッシュ式ネブライザーの登場が市場を押し上げる

ネブライザー市場は、喘息、嚢胞性線維症、COPDなどの呼吸器疾患を持つ患者の呼吸器ケアに使用されるネブライザーの売上で構成されています。ネブライザーは、薬を液体からミスト状(細かい液滴やエアロゾル)に変えて肺に直接吸入する薬剤送達装置です。ネブライザーを構成するコンポーネントには、気化した形でユーザーに薬を届けるためのエアフィルター、チューブ、コンプレッサーが含まれています。

ネブライザーの市場規模

ネブライザーの市場規模は、2015年以降CAGR6.6%で成長し、2019年には約8億3380万米ドルに達しました。COVID-19患者の治療におけるネブライザーの使用により、2020年には16億6760万米ドルに急増すると予想されています。その後、2023年には12億6340万米ドルへと一度成長は落ち着き、その後、2025年の15億5390万米ドルから2030年には26億660万米ドルに拡大し続けると予測されます。

過去の成長は、慢性呼吸器疾患の発症率の増加、新興国における医療費の増加に起因しています。COVID-19パンデミック後の成長にマイナスの影響を与えた要因は、利用可能なネブライザーの代替品の欠如によるものです。

今後は、高齢者人口の増加、携帯用機器の出現などにより、在宅医療機器の需要が市場を牽引すると予想されています。将来的に市場の成長を妨げる可能性のある要因に、ネブライザーの汚染とそれに伴うメンテナンスの問題、ならびに使用中に浪費される薬剤などが挙げられます。

ネブライザー市場の促進要因

メッシュ式ネブライザーの増加は、ネブライザー市場を押し上げると期待されています。メッシュ式ネブライザーは、携帯性と利便性の向上、ジェットネブライザーと比較した場合のネブレーション時間の短縮、肺への薬剤の正確な送達、残液量の減少などの理由から患者に受け入れられています。これらの利点は、他のタイプと比較してメッシュ式ネブライザーへの嗜好性がより強くなることを示しています。メッシュ式は、コストが高いにもかかわらず、廃棄薬剤の削減、操作の容易さ、携帯性などの利点によって患者に広く受け入れられています。したがって、メッシュ式ネブライザー市場は、新しい技術、高品質、軽量化、信頼性の高いデバイスなどの要因と相まって、独自の需要を確立し続け、今後数年間でさらに成長すると期待されています。

ネブライザー市場の抑制要因

ネブレーション中の薬剤の浪費や損失は、患者が経験する一般的な問題であり、市場を抑制する要因になることが予想されます。ネブライザー治療では、粒子径の小さいエアロゾルが吸入・作用部位に送達されますが、大きな粒子はリザーバーの栄養チューブに戻ります。また、薬剤エアロゾルの一部はバッフルの壁に沈降します。この薬剤は、ネブライザー内に保持されるか、呼気中に周囲へ放出されます。この結果、薬剤の浪費が発生します。ネブレーション中の薬剤残による浪費は、市場が成長する上の課題となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]