建築・建設業向け3Dプリンティングの市場規模、COVID-19の影響で、2019年から2020年はCAGR-35.76%に大幅縮小も、2023年に推定1億2000万米ドル、CAGR 147.79%にV字回復

3Dプリンティングビル建設の市場規模は、3Dプリンターでビルを建設し、関連サービスを提供する事業体(団体、個人事業者、組合)の販売収益で構成されています。3Dプリンティングまたは積層造形は、コンピュータ制御による材料の連続的な積層により、3次元形状を作成するものです。建設業界では、3Dプリントは、建物の構成要素の製造や、建物全体を作成するために使用されます。人件費を削減し、無駄を省いて、より速く、より正確な構造物を構築することができます。

市場は、2019年の400万米ドルから2020年には200万米ドルに減少し、CAGR-35.76%に縮小すると予想されています。これは、COVID-19による影響に起因しています。その後、市場は回復し、2023年にはCAGR 147.79%で1億2000万米ドルに達すると予想されています。

2019年は、アジア太平洋地域が最大市場となりました。

市場は、建設別に、モジュール、フルビルディングに分類されています。また、プロセス別には、押し出し、粉体接着、その他に分類され、印刷材料別には、コンクリート、プラスチック、金属、ハイブリッド、その他に分類され、エンドユーザー別には、住宅、商業、工業に分類されています。

合理的なコストで規定の時間内に複雑な構造物を構築する能力は、市場の需要を牽引する主な要因です。3Dプリンティングビル建設は、費用対効果が高く、時間の節約、精度の向上、安全性の向上、人件費の削減、環境への配慮、複雑な建築構造物の構築を容易にすることができます。 2018年1月に発行された3D Natives Magazineによると、建設における3Dプリントは、従来の製造プロセスと比較した場合、材料の使用量の点で経済的であると報告されています。他にも、人件費を50%から80%、生産時間を50%から70%、建設廃棄物を30%から60%も削減します。したがって、3Dプリント建設が提供する経済的利益は、市場の成長を大幅に後押しすると予想されます。

初期設備投資の必要性が高いことが、今後の市場の成長に影響を与えると予想されています。3Dプリンターの高額なコストとそのメンテナンスは、業界関係者にとって大きな課題となっています。3Dプリンティング建設会社のWinsun 3D Buildersによると、3Dコンクリートプリンターの高い初期費用のために、中小企業は自らの拡大・成長のために、資本と建設の適切なプロジェクトが必要とされます。このプロセスの立ち上げにかかる高い初期資本が、市場の成長を阻害すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]