サイバーセキュリティの市場規模、COVID-19の影響で2020年の年間成長率CAGR1.83%に鈍化 2023年にはV字回復しCAGR11.02%で成長予測

サイバーセキュリティ市場は、ソフトウェアと関連サービスの販売で構成されています。サイバーセキュリティとは、ネットワーク、コンピュータ、モバイル機器、ハードウェア、電子システム、データをデジタル攻撃や悪意のある攻撃から保護することです。また、電子情報セキュリティや情報技術セキュリティとしても知られています。同市場は、ネットワークセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、情報セキュリティ、運用セキュリティなどに分類することができます。

サイバーセキュリティの市場規模は、2019年の1494億6000万米ドルから2020年には1522億1000万米ドルへ、CAGR1.83%で成長すると予測されています。成長が鈍化しているのは、主にCOVID-19の発生により、ソーシャルディスタンス、リモートワーク、産業・商業活動の閉鎖など、封鎖対策により、減収を招いていることが原因です。その結果、企業のサイバーセキュリティソフトウェアへの予算の減少が予想されています。その後、2023年には2082億8000万米ドルにV字回復し、CAGR11.02%で成長すると予想されています。

北米が最大市場

市場は、ソリューション別にネットワークセキュリティ、クラウドアプリケーションセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、セキュアウェブゲートウェイ、インターネットセキュリティ、その他に分類されています。また、企業規模別には中小企業、大企業、展開タイプ別にはクラウド、オンプレミス、エンドユース別にはBFSI、IT・通信、小売、ヘルスケア、政府、製造、旅行・輸送、エネルギー・公益事業、その他に分類されています。

サイバー攻撃の脅威から、サイバーセキュリティソリューションに対する需要が高まっています。個人、企業、政府機関に対するサイバー攻撃は増加しており、莫大な金銭的損失をもたらしています。カスペルスキーによると、データ侵害の増加に伴い、世界的なサイバー脅威が急速に発展しているといいます。RiskBased Securityのレポートによると、2019年の最初の9カ月間に約79億件のレコードがデータ侵害によって露出しており、2018年の同時期の2倍に上ることが明らかになりました。サイバーセキュリティへの世界的な支出は増加すると予測されています。サイバー攻撃の脅威に起因する支出の増加は、市場の収益を牽引すると予測されています。

ライセンスのないソフトウェア、または海賊版ソフトウェア使用の増加は、サイバーセキュリティ市場にとって大きな脅威です。海賊版ソフトウェアとは、元のソフトウェアを複製した無許可のコピーを指します。インターネットを利用したソフトウェアやソリューションの海賊版は、業界にとって新たな問題となっています。2018年6月に発表されたBSAのグローバルソフトウェア調査によると、海賊版ソフトウェアのインストール率が2%低下したにもかかわらず、2016年と2017年の間に無許諾ソフトウェアのインストールが驚異的な勢いで行われており、パソコンにインストールされているソフトウェアの37%を占めていました。無許諾ソフトウェアパッケージを購入している組織や、海賊版ソフトウェアがインストールされたパソコンは、ボトムラインの成長を阻害し、前例のないセキュリティリスクを誘発する可能性があります。このように、ソフトウェアの違法コピーの高い割合は、サイバーセキュリティ市場の成長を阻害しています。

政府によるサイバーセキュリティソリューションへの投資の増加は、業界の成長を担う主要なトレンドです。例えば、英国政府は2019年10月、サイバー攻撃から同国の企業を守るために4800万米ドル(3600万ポンド)の数百万ドルの投資プロジェクトを発表しました。 このスキームは、以前マイクロソフトやグーグルが支援していた政府のデジタルセキュリティ・バイ・デザイン・イニシアチブの一環として、ARMなどの大手テック企業との政府のパートナーシップを組み合わせたものです。政府の資金提供は、将来の脅威を検知し、テロ、金融恐喝、確立されたシステムへのダメージなど、その影響を軽減するのに役立つと予測されます。このように、世界的な政府による投資の増加は、今後数年間、サイバーセキュリティ市場で事業を展開しているプレイヤーにとって、拡大のための大きな道を作る可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]