ハンドドライヤーの市場規模、COVID-19の影響で縮小も2023年には回復予測 ホスピタリティ業界の力強い成長が、需要を拡大

ハンドドライヤー市場は、その販売と関連サービスで構成されています。ハンドドライヤーは、レストラン、ホテル、オフィス、ショッピングモールなどで、費用対効果やエネルギー効率が高く、環境に配慮したタオルの代わりとして広く利用されています。また、ボタンを押す、あるいは、センサー式で自動に作動し、公衆トイレなどで手を乾かすために使われる電子機器です。エネルギー効率が良く、瞬時で作動する高速反応センサーが装備されています。

世界のハンドドライヤー市場は、2019年の8億8000万米ドルから2020年には7億9000万米ドルに減少し、CAGR-9.76%が予測されています。この減少は主にCOVID-19の影響に起因しています。その後、2023年には11億5000万米ドルに達し、CAGR13.49%で回復の見込みです。

市場は、製品別に、ジェットエアー、熱風に分類されています。また、操作別には、手動オン・自動オフ、全自動、エンドユーザー別には、空港、ホテル・レストラン、病院、オフィス、ショッピングモール、その他に分類されています。

ホスピタリティ業界の力強い成長により、ハンドドライヤー市場は拡大しました。ホテルやレストランの増加など、急速に成長しているホスピタリティ産業の衛生面における需要が、同市場の成長を後押ししています。

ハンドドライヤーの騒音問題は、市場の成長を制限すると予想されます。ハンドドライヤーは子供たちの聴覚に悪影響を及ぼす可能性のある高い騒音レベルで動作します。たとえば、2019年、カナダで小児学会の学術誌に掲載された研究によると、ハンドドライヤーの騒音レベルの高さは、子供の耳に痛みを感じさせる、と報告がありました。110デシベルの騒音は2分以内に子供に難聴を引き起こし、120デシベルの騒音は耳の痛みを引き起こします。ドライヤーはメーカーの主張よりも騒音レベルが高く、ユーザーの耳に損傷を与える可能性がありました。ハンドドライヤーの騒音問題は、市場に悪影響を及ぼします。

企業は、競合他社と競争する力を得て収益を増やすため、新製品を開発しています。例えば、2019年11月、ハンドドライヤーメーカーである英国のDyson社は、インドで新製品Dyson Airblade 9kJハンドドライヤーを発売しました。この製品は、始動時に触れる必要がなく、化粧室の空気から粒子の99.95%を浄化できるHEPAフィルターの追加機能が付属しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]