コードレス掃除機、COVID-19パンデミック状況下も市場は成長 国民の所得水準の上昇、健康・衛生意識の高まりが牽引要因 今後は高機能なスマート掃除機の開発に注目

コードレス掃除機市場は、コードレス掃除機の販売と関連サービスで構成されています。掃除機は、空気ポンプを使って部分的に真空を作り、床やソファなどの布地のホコリや汚れを吸引する装置です。コードレス掃除機は、バッテリーで動作し、コード付き掃除機と比較すると、携帯性と利便性に優れています。また、コードレス掃除機は、安全性、柔軟性が高く、小回りがききます。

コードレス掃除機市場は、2019年の191億米ドルから2020年には203億3000万米ドルへと、CAGR6.41%で成長すると予測されています。成長の主な原因は、COVID-19の発生によるもので、ソーシャルディスタンスを隔てた封じ込め措置と、それによる人々の不安心理が、家事行動につながったと考えられます。市場はその後も成長し、2023年には241億5000万米ドルに達し、CAGR 5.92%で成長すると予想されています。

市場は、製品タイプ別に、ハンドヘルド、キャニスター、アップライト、スティック、その他に分類されています。また、流通経路別に、オフライン、オンライン、アプリケーション別に、家庭用、商業用に分類されています。

都市部の人々の間で、健康・衛生の意識が高まり、可処分所得の増加が、コードレス掃除機市場の成長に貢献しています。国民の所得水準の上昇は、人々の健康と衛生製品の消費につながります。Trading Economics Statisticsによると、米国の可処分所得は、2019年3月の16兆2734億米ドルから2020年1月には16兆7630億米ドルに増加しています。さらに、携帯性、利便性、効率性など、コードレス掃除機の利点が市場の需要を牽引し、収益を押し上げています。

コードレス掃除機の高コストは、市場の成長を制限すると予測されます。Best Vacuum Guideによると、コードレス掃除機は、高い機能性から、コード付き掃除機より高価になる傾向があります。さらに、バッテリーを使用するため、掃除時間が制限されます。

主要なプレーヤーは、消費者からの需要を満たすために、技術的に高度な製品の開発に焦点を当てています。企業は、消費者の体験を向上させ、掃除を楽にするために、スマート技術を搭載した次世代のコードレス掃除機の開発に重点を置いています。さらに、バッテリーセンシング、フロアセンシング、フィルターセンシング技術を搭載したスマート掃除機の開発は、市場の主要なトレンドとなっています。例えば、プレミアムスマート家電のTinecoは2019年5月、スマートコードレス掃除機PURE ONEの発売を発表しました。このスマート掃除機は、人工知能を活用して、より静かに、より長く、隅々まで掃除することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]