世界の防衛費、攻撃能力開発と情報収集に980億米ドルを投資、防衛用無人航空機市場の成長要因に

防衛用無人航空機市場は、防衛用無人航空機(UAV)の販売と防衛関連サービスで構成されています。無人航空機とは、人間を搭載せず、自律的に誘導するドローンや航空機のことです。UAVは、センサー、目標指定器、ATGM、ミサイル、爆弾などの航空機兵器、または目標とする敵を破壊するための電子送信機を搭載しています。

市場は、2019年の72億5000万米ドルから2020年には63億5000万米ドルに縮小し、CAGRは-12.36%が予想されています。この減少は主にCOVID-19の発生による影響に起因しています。その後、市場は回復し、2023年にはCAGR20.29%で110億5000万米ドルに達すると予想されています。

2019年は北米が最大市場となり、アジア太平洋地域は最も急速に成長する地域と予想されています。

市場は、UAVの種類別に、マルチローター、シングルローター、固定翼、固定翼ハイブリッドVTOLに分類されています。また、射程距離別には、視野線(VLOS)、拡張視野線(EVLOS)、視野外(BLOS)に分類され、技術別には、遠隔操作型、半自律型、完全自律型に分類されます。

無人技術のための防衛費の増加は、市場の成長に寄与すると予測されています。2020年1月に発表されたNational Defense IndiaのBusiness Technology Magazineによると、今後10年間の軍事投資の増加により、無人航空機への世界的な支出は大きく拡大すると報告されています。世界の防衛部門は、新しい攻撃能力と情報収集用途に980億米ドルを投資する予定です。さらに、米国の防衛調達は、2020年の25億米ドルから2030年末までに約33億米ドルに増加すると予想されています。防衛部門による無人技術の研究開発費の増加は、今後数年間で防衛用無人航空機市場の収益を押し上げると予想されています。

政府が防衛用無人航空機の使用に課した厳しい規制は、市場の成長を制限すると予測されています。各国政府は、無人航空機(UAV)の使用に関連した様々な規制を実施しています。米議会図書館のドローン規制の報告によると、カナダ政府がUAVに課した新たな規制では、使用に伴うリスクに基づいて無人航空機を分類しています。重量25kg以上のUAVの運用はライセンス要件の対象となっています。同様に、連邦航空局(FAA)は、米軍施設の境界内で400フィート以下を飛行する無人航空機を制限しており、違反した場合は、民事罰や刑事告訴を含む執行措置の対象となります。UAVの使用に関連する政府の規制は、無人航空機市場の成長を妨げる要因になると予想されます。

防衛用無人航空機業界で活躍する主要企業による事業拡大は、市場の主流です。例えば、2019年12月には、Turkish Aerospace Industries Inc. (TUSAS)は、パキスタンにある国立科学技術公園(NSTP) に新しいオフィスを開設しました。同社は、トルコの事業体として初めてパキスタンに進出しました。TUSAS社は、トルコ軍(TSK)向けの軍用機の設計・開発・製造を行う主要航空宇宙企業です。同社の製品ポートフォリオには、Anka無人航空機(UAV)、T129 ATAK攻撃ヘリコプター、Hurkus訓練機・軽戦闘機などがあります。主要なプレーヤーによる事業拡大は、防衛用無人航空機市場を形成しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]