ポイントオブケア検査における医用画像、3D採用により高速化、利便性、低価格化が進む アジア市場では、熟練した医療従事者の育成が課題

3D画像診断サービス市場は、慢性疾患の患者を診断するために、3DX線、3D超音波、MRI、その他の3D核画像技術(PET、SPECT)などの3D画像診断の行程で得られる収益で構成されています。3D画像診断技術は、腫瘍学、循環器学、整形外科などに役立つ高度なサービスを提供しています。3D画像診断は、コンピュータ支援設計(CAD)または磁気共鳴画像(MRI)技術を利用して、医療分析用に身体内部の3次元の視覚表現を作成するために使用されています。

3D画像診断サービスの市場規模は、2019年の1799億米ドルから2020年には1722億5000万米ドルに減少し、CAGRは-4.22%で推移すると予想されています。このマイナス成長は、COVID-19の影響による封じ込め措置に起因しています。その後、市場はCAGR8.69%で回復し、2023年には2212億米ドルに達すると予想されています。

市場は、技術別に、超音波、MRI、X線、CT(コンピュータ断層撮影)などに、アプリケーション別では、腫瘍学、循環器学、整形外科などに分類されています。

ポイントオブケア検査(PoCT)の需要は、ここ数年で着実に増加しています。この需要は今後も続き、3D画像診断サービス市場を牽引するものと思われます。PoCTにより、医師や医療スタッフは、数分以内に、リアルタイムでラボ品質の診断結果を正確に得ることができます。また、ヘルスケア・デリバリー・システムは、患者の自宅で費用対効果の高いケアを提供することを目的としています。特に発展途上国では、感染症に対するより効果的なケアが求められています。PoCT技術は、使いやすい装置と分析性能の向上で効果的なケアを提供し、最近では3D統合による医用画像の高速化、使いやすさ、低価格化が進み、PoCT検査システムの機能が大きく拡大しています。これらの進歩は、3D画像診断サービス市場を大きく牽引しています。

資格のある熟練した医療リソースの不足によって、同市場は制約を受けています。これは、労働力の高齢化、最新の手順の複雑さ、学ぶ側の躊躇、認定されたトレーニングプログラム数の減少に起因しています。2018年の国際労働機関(International Labor Organization)の報告書によると、世界では熟練した医療従事者が1030万人以上不足しており、その半分以上がアジアで不足していると推計されています。最も効率的な方法で正確な診断と治療を可能にするために、3D画像診断を含む最新の手順や技術について、より多くの医療従事者を育成することが急務となっています。

一方、医療用クラウド技術のようなデータストレージや情報共有システムの改善により、3D画像診断サービスの成長機会が増えています。医用画像診断では、適切な診断・治療判断のため、大量の医療データを処理、保存、交換、使用する十分なリソースが必要です。先進的なクラウドコンピューティングは、インターネットを介した複雑なサービスやデータ交換に関する課題に対応する新たなソリューションです。クラウドコンピューティング技術は、地域を超えた医療データの共有を可能にし、より多くの患者が必要な医療リソースを手に入れることを可能にします。データの検索が容易になり、医師はより鮮明で情報量の多い臨床画像データサービスを提供することができます。医療用クラウドイメージングは、クラウドコンピューティングの重要な分野となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]