動物医薬の世界市場 – 2023年までに約610億ドルに成長

動物医薬の世界市場規模は、2015年から11.7%の複合年間成長率(CAGR)で成長し、2019年には約380億ドルに達しました。 今後、2023年までにはCAGR 12.5%で拡大し、約610億ドルに成長すると予測されています。

動物医薬は動物用医薬品と飼料添加物に区分されます。動物用医薬品の市場規模は飼料添加物よりも大きく、2019年の収益は338億ドル、全体の88.8%を占めました。この区分は12.7%のCAGRで成長し、今後も市場の大部分を占めるでしょう。

動物用医薬品市場は、医薬品の種類ごとに、寄生虫駆除剤、ワクチン、抗生物質などに細分化されます。寄生虫駆除剤市場が獣医用医薬品市場の最大のセグメントであり、2019年時点の収益は99億ドル、市場全体の29.4%を占めました。獣医用ワクチンセグメントはCAGR 13.7%と今後最も急成長するセグメントと予想されます。

飼料添加物市場は、添加物の種類によって医療用飼料添加物と栄養飼料添加物に区分されます。医療用飼料添加物市場は、飼料添加物市場の最大のセグメントであり、2019年時点の収益は26億ドル、合計の61.5%を占め、今後も急速に成長するセグメントになると予想されており、10.5%のCAGRで拡大するでしょう。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]