各国の厳しい製薬業界の規制により、CRO市場の成長が制限

各国の厳しい製薬業界の規制により、CRO市場の成長が制限されました。臨床試験およびその他の研究プロセスの大部分は、同時にさまざまな国に外部委託されています。これらの仕向国には、問題を引き起こし、市場の抑制として機能する可能性のある、薬物、申請、臨床試験に関連するさまざまなガイドラインと規制プロセスがあります。さまざまな国のさまざまな手順での単一の薬剤の複数の場所での試験は、各国で完全に異なる手順に従う必要があるため、製薬会社にとって課題となります。これは、さまざまな国での研究アウトソーシングの大きな課題の1つであるため、企業は1つの目的国へのアウトソーシングを制限することを好みます。これにより、グローバルレベルでの研究アウトソーシング市場が制限されます。たとえば、インドと中国での臨床試験、規制当局への申請、薬の承認にはばらつきがあります。インドと中国は主要な研究アウトソーシング先であり、製薬会社はアウトソーシング研究のためにそれらのいずれかを選択せざるを得ません。

以下のチャートと表は、2018-2022年のグローバルCRO市場の前年比成長率を示しています。
グローバルCRO市場は、12.3%の複合年間成長率(CAGR)で、2018年の497億ドルから2022年には790億ドルに成長すると予想されます。 予測期間の成長は、急速に成長しているバイオテクノロジー産業、研究開発への投資の増加、有利な規制環境、および市場関係者間の戦略的コラボレーションの増加によって促進されます。 製薬会社およびバイオテクノロジー企業による世界的な研究開発費は、3%の年率で2024年までに2,130億ドルに成長すると予想されています。 バイオテクノロジー産業は、CROサービスの主要なエンドユーザーであることが期待されています。バイオ医薬品の需要の増加と産業への投資の増加。 成長のもう1つの分野は、医療機器の分野です。一部のCROは、医療機器の臨床試験に対する需要の高まりに応えるため、この未開拓市場にますます注目しています。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]