酵素補充療法の市場規模、2027年に147億9000万米ドル到達予測

酵素補充療法(ERT)の市場規模は、2022年の100億3000万米ドルからCAGR8.1%で成長し、2023年に108億5000万米ドルとし、さらに、2027年には147億9000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

酵素補充療法市場には、セベリパーゼ アルファ、エロスルファーゼ アルファ、イドゥルスルファーゼ、AL グルコシダーゼ アルファ、およびアルファ 1-プロテイナーゼ阻害剤酵素補充療法を提供することによって企業が得た収益が含まれます。

酵素補充療法とは、酵素の不足や機能不全によって引き起こされる慢性疾患を持つ患者に、代替酵素を投与する一種の医療行為を指します。身体は酵素を補充されることで、阻害されたプロセスを完了することができます。特に尿中GAG濃度を正常に戻し、肝臓と脾臓の発育を促進する効果があります。2022年の酵素補充療法市場は、北米が最大で、アジア太平洋地域は今後最も成長する市場となる見込みです。

酵素補充療法に使用される主な酵素の種類には、アガルシダーゼ・アルファ、アガルシダーゼ・ベータ、ガルスルファ-ゼ、その他ゴーシェ病、ポンペ病、ファブリー病などに使用される酵素の種類があります。アガルシダーゼ アルファは、酵素補充療法としてファブリー病の治療に使用される組換えヒト アルファ-ガラクトシダーゼを指します。 半減期が長く、広い治療範囲を持ちます。 患者には、注入に関連した症状と過敏症の可能性について説明する必要があります。アガルシダーゼ・アルファはファブリー病の治療を助けるので、酵素補充療法に有益です。酵素補充療法は、経口および非経口経路で投与され、病院、輸液センターなどで使用されています。

希少疾患、慢性疾患、遺伝性疾患の有病率の上昇は、今後の酵素補充療法市場の成長を促進することが予測されます。慢性疾患とは、3カ月以上続き、時間の経過とともに悪化する可能性のある病気の形態を指します。慢性疾患は高齢者に多く、一般的にコントロールは可能ですが根絶はできません。例えば、2023年1月、連邦政府によって運営されている米国の国立医学図書館が発表した報告書によると、米国で少なくとも一つの慢性疾患を持つ50歳以上の人口は、2020年の7152万2000人から2050年には1億4266万人へと99.5%増加することが予測されています。希少疾患、慢性疾患、遺伝性疾患の有病率の上昇が、今後の酵素補充療法市場の成長を牽引することになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]