種子処理の市場規模、2027年に166億4000万米ドル到達予測

種子処理の市場規模は、2022年の100億6000万米ドルからCAGR10.32%で成長し、2023年に111億米ドルとし、さらに、2027年には166億4000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

種子処理市場には、種子消毒、種子駆除、種子保護などのサービスを提供する事業体が得る収益が含まれます。種子処理とは、病気や害虫から種子を守るために、植え付け前の種子に様々な薬剤を塗布するプロセスを指します。一般的には、種子の発芽を良くし、全体的な成長を高めるために用いられます。2022年の種子処理市場は、北米が最大となりました。

種子処理における化学物質の主な種類は、殺虫剤、殺菌剤、化学物質、非化学物質であり、液体溶液、粉末、乳剤、流動性濃縮剤、スラリー用水分散性粉末、その他を含む様々なタイプの製剤があります。殺虫剤とは、農作物に害を及ぼす可能性のある昆虫を防除または殺虫するために使用される化学的または生物学的薬剤を指します。これらは、油糧種子、穀物、果実、野菜など、いくつかの種類の作物で、種子保護や種子強化などの機能のため、種子コーティング、種子ドレッシング、種子ペレット化などの用途で採用されます。

種子や土壌が媒介する病害の増加は、今後の種子処理市場の成長を促進することが考えられます。種子および土壌媒介性病害とは、土壌中または種子に生息する病原体によって引き起こされる植物病害を指します。種子や土壌を媒介する病害は主に種子処理によって治療され、病害を防除する費用対効果の高い効率的な手段を提供することで作物を保護し、作物の生産効率を高めるのに役立ちます。例えば2021年6月、米国の農業専門機関である国連食糧農業機関(FAO)が共有した報告書によると、2020年には、害虫や種子・土壌伝染性病害の増加により、毎年世界の作物生産の40%が失われると予測しています。これらの植物病害は毎年約2200億米ドル、侵入昆虫は約700億米ドルの損失を世界経済に与えています。さらに2021年3月、スイスに本部を置く国際飼料連盟(International Feed Federation、世界レベルで専門的な種子産業の利益を代表する機関)によると、2050年までに100億人を超えると推定される人口に十分な健康な食糧を供給することは、農業にとって計り知れない課題になると言っています。種子や土壌を媒介とする病害の増加が種子処理市場の成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]