液晶ポリマーの市場規模、2027年に23億9000万米ドル到達予測

液晶ポリマー(LCP)の市場規模は、2022年の16億3000万米ドルからCAGR7.37%で成長し、2023年に17億5000万米ドルとし、2027年には23億9000万米ドルに達すると予想されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国への、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

液晶ポリマー市場は、半芳香族ポリエステル、ポリアミド、ポリエステル-コ-アミドの売上で構成されています。液晶ポリマーとは、高強度、高剛性、耐薬品性、熱安定性などのユニークな特性を併せ持つ高性能エンジニアリング熱可塑性プラスチックの一種を指し、さまざまな産業のさまざまな高性能用途に使用されています。既存の繊維材料で発生する摩耗や劣化の懸念は、温度や化学的条件によって解決されます。2022年の液晶ポリマー市場はアジア太平洋地域が最大で、同時に最も成長する地域となる見込みです。

液晶ポリマーの主な種類は、LCポリマーとサーモトロピックLCポリマーです。リオトロピックLC(液晶)ポリマーは、溶液中で液晶挙動を示すポリマーの一群を指し、ドラッグデリバリーシステム、テンプレート材料、センサーなど様々な用途に使用されています。主鎖型液晶ポリマーと側鎖型液晶ポリマーに大別され、LCP樹脂やコンパウンド、液晶ポリマーフィルム、液晶ポリマーファイバーなど様々な形態があり、電気・電子、産業機械、消費財、照明、医療など様々な産業に応用されています。

自動車部品軽量化の材料開発が、今後の液晶ポリマー市場を牽引しています。軽量自動車部品とは、従来の自動車部品に比べて軽量に設計された部品や材料を指します。これらの部品は、その付加的な利点により需要が高まっています。液晶ポリマーは、電気自動車や内燃自動車に使用される軽量自動車部品の製造に使用されます。例えば、クリーンエネルギー経済の構築に取り組む米国の政府機関である米国エネルギー効率・再生可能エネルギー局によると、自動車の重量を10%削減することで燃費を6~8%向上させることができます。さらに、米国の保有車両の4分の1に軽量素材を使用することで、2030年までに年間約50億ガロンの燃料を節約できると言われています。軽量自動車部品の成長が液晶ポリマー市場を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]